レポート

0
明治、大正、昭和という激動の日本で活躍した、図案家・杉浦非水。
日本のグラフィックデザインの草分けであった杉浦非水のわくわくするような図案の数々を堪能することができます。
会場
たばこと塩の博物館
会期
2021年9月11日(土)〜11月14日(日)
開催中[あと51日]
1
写真家の枠を超えて多彩な活動をする蜷川実花、写真の本質に迫る展覧会
全国巡回した展覧会の集大成、書斎を再現したインスタレーションも追加
今年撮影した写真や、女性やパラスポーツ選手たちのポートレートなども
会場
上野の森美術館
会期
2021年9月16日(木)〜11月14日(日)
開催中[あと51日]
0
姫路の魅力を国内外に発信するアートプロジェクト「オール・ひめじ・アーツ&ライフ・プロジェクト」では、アーティストを招聘しプロジェクトを展開。
本年度のゲストアーティストは、日比野克彦さん。
「段ボール」作品から朝顔の育成を通して人や地域性を促す「明後日朝顔プロジェクト」など、約200作品から、作家の軌跡を辿ります。
会場
姫路市立美術館
会期
2021年9月18日(土)〜11月7日(日)
開催中[あと44日]
1
京都や近畿を中心に、神社や寺院に奉納されて伝来した貴重な刀剣が一堂に
武家の人生や暮らしにおいて根幹を成すものだったといえる刀剣や甲冑武具
武家風俗を描く絵画や史料もあわせて展示、刀剣にまつわる伝説にも着目
会場
サントリー美術館
会期
2021年9月15日(水)〜10月31日(日)
開催中[あと37日]
3
「動物の命」をテーマに制作を続ける彫刻家はしもとみおの大規模な展覧会
楠からつくった動物たちは、荒々しさを残しながら生きているような存在感
命あるものへと注がれたあたたかな眼差し、ブサかわ犬「わさお」を彫刻も
会場
武蔵野市立吉祥寺美術館
会期
2021年8月21日(土)〜10月3日(日)
もうすぐ終了[あと9日]
0
バーミヤンからシルクロードを経て日本へと続く“弥勒の道”を辿る展覧会
タリバンが破壊したバーミヤンE窟仏龕と天井壁画《青の弥勒》を復元制作
敦煌莫高窟275窟《弥勒交脚像》法隆寺金堂9号壁画《弥勒説法図》も一堂に
会場
東京藝術大学大学美術館
会期
2021年9月11日(土)〜10月10日(日)
開催中[あと16日]
2
初心者でも分かりやすく日本の古美術を紹介するシリーズ、5回目の展覧会
信仰の対象になった人、権力者、市井の人など、さまざまな人物表現を展観
人柱になるために投獄された場面なのにゆるい人物など、ユニークな作品も
会場
根津美術館
会期
2021年9月11日(土)〜10月17日(日)
開催中[あと23日]
0
トーハクで旅する、初期イスラム王朝から世界各地のイスラームの世界
様々な地域に広がりをみせた、世界規模のイスラーム美術の魅力を紹介
工芸品や細密画、書や宝飾品まで、イスラーム王朝の歴史と文化を体感
会場
東京国立博物館
会期
2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
開催中[あと149日]
0
大正・昭和に活躍し、流動感あふれる豪放な大作を残した日本画家・川端龍子と、今をときめく4人の現代アーティストがコラボレーション。展覧会の監修は美術史家の山下裕二先生。
5人の作品が見事に響き合った展覧会、是非ご覧ください! 
会場
大田区立龍子記念館
会期
2021年9月4日(土)〜11月7日(日)
開催中[あと44日]
1
自画像、肖像画、目を描いた作品、目の存在を感じさせる作品などを紹介
当時の社会状況や画家の想い、絵を見る我々に訴えかけてくるものを感じて
目のある絵画を通じて「見る/見られる」の関係について考察。観覧無料!
会場
板橋区立美術館
会期
2021年8月28日(土)〜10月3日(日)
もうすぐ終了[あと9日]
0
世界中で制作活動をしている、KAWS(カウズ)の国内初となる大型展
両面がバツ印になったキャラクターはじめ、ユニークな作品が勢揃い
ARによって出現する作品や、キャラクターに変身してシェアする体験も
会場
森アーツセンターギャラリー
会期
2021年7月16日(金)〜10月11日(月)
開催中[あと17日]
3
東京藝大の前身である東京美術学校に設置された図案科の卒業制作に注目
開校以来の専門的なデザイン教育で、数々の優れたデザイナーを世に輩出
展示作品の多くは開館以来初公開。図案科卒業制作の知られざる一面に迫る
会場
東京藝術大学大学美術館
会期
2021年8月31日(火)〜9月26日(日)
もうすぐ終了[あと2日]
2
武者絵をはじめ多彩なジャンルで活躍した国芳、メモリアルイヤーの記念展
もうひとつのテーマは、規制下における活動。取り調べを受けても意欲満々
二期に分けて全160点、全作品が展示替え。画業の全貌はリピーター割引で!
会場
太田記念美術館
会期
2021年9月4日(土)〜10月24日(日)
開催中[あと30日]
1
来年令和4年(2022)は、聖徳太子が没して1400年となる記念の年。
古代から中世を経て現代までの太子ゆかりの宝物と、推古天皇(聖徳太子)が建立した大阪・四天王寺のあゆみを通して太子信仰の全貌を展覧する展覧会です。
会場
大阪市立美術館
会期
2021年9月4日(土)〜10月24日(日)
開催中[あと30日]
3
濃いコーヒーを飲む小さなコーヒーカップ「デミタス」、約380点が一堂に
ジャポニスム、アール・ヌーヴォー、アール・デコから超絶技巧の装飾まで
著名な窯のものだけでなく、創造性が輝く優品を集めたコレクションは必見
会場
渋谷区立松濤美術館
会期
2021年8月24日(火)〜10月10日(日)
開催中[あと16日]
1
日本のみならず、世界各地で精力的に作品を発表しているチームラボ。
「チームラボが好きなら、ここは見ておくべきだ」と聞き、以前から気になっていた佐賀県武雄市の御船山楽園で開催中の「かみさまがすまう森」を見てきました。
会場
御船山楽園
会期
2021年7月16日(金)~11月7日(日)
4
世界中から注目を集めるバンクシーの作品と、その世界観を紹介する展覧会
バンクシーのストリート・アートを、“映画のセット”のような会場で再現
あわせて個人コレクター所蔵の貴重な作品も紹介。会場は撮影も可能
会場
寺田倉庫G1ビル(東京・天王洲)
会期
2021年8月21日(土)〜12月5日(日)
開催中[あと72日]
1
外見や意匠に独創的な工夫が凝らされ、軍や自らの士気を高めた武具・戦着
細川忠興が考案した具足形式「三斎流」の甲冑、鉢巻をかたどった変わり兜
最新の研究で、鳥の羽根を装飾した珍しい陣羽織は制作年代が遡る可能性も
会場
永青文庫
会期
2021年8月17日(火)〜9月20日(月)
会期終了
0
“特撮の父”を映画史の中で振り返る、キャメラマン時代にも着目した構成
花見の喧嘩がきっかけで映画界へ、独創的な撮影技術は皮肉にも開戦で開花
公職追放から『ゴジラ』での飛躍、テレビ時代を見据えた円谷プロの設立へ
会場
国立映画アーカイブ
会期
2021年8月17日(火)〜11月23日(火)
開催中[あと60日]
3
北斎の代表作『北斎漫画』「冨嶽三十六景」『富嶽百景』全図を一堂に公開
建築家の田根剛とアートディレクターの祖父江慎による会場は、鮮烈な印象
展覧会のオリジナルグッズも充実、図録はなんと新聞サイズという巨大版
会場
東京ミッドタウン・ホール
会期
2021年7月22日(木)〜9月17日(金)
会期終了

展覧会ランキング
1
三菱一号館美術館 | 東京都
イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
開催まであと21日
2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
2
PLAY! MUSEUM | 東京都
「ぐりとぐら しあわせの本」展
開催中[あと184日]
2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
3
国立科学博物館 | 東京都
大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
開催まであと20日
2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
4
東京都美術館 | 東京都
ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
開催中[あと79日]
2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
5
東京国立博物館 | 東京都
イスラーム王朝とムスリムの世界 
開催中[あと149日]
2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
おすすめレポート
学芸員募集
国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
愛知県
国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
愛知県
目黒区めぐろ歴史資料館 研究員募集中! [目黒区めぐろ歴史資料館]
東京都
国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
愛知県
狭山市立博物館 副館長募集 [狭山市立博物館]
埼玉県

「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


ミュージアム キャラクター アワード

ミュージアム 干支コレクション アワード