レポート

0
2023年1月、開館1周年を迎えた大阪中之島美術館の「大阪の日本画」展に足を運んでみました。“浪華の名画大集結”ということで新春にふさわしく会場には大きく艶やかな色彩の作品が出迎えてくれました。
会場
大阪中之島美術館
会期
2023年1月21日(土)〜4月2日(日)
開催中[あと58日]
0
市民ひとりひとりが「わたし」の博物館と感じられる、新しいミュージアム
貴重な国産最古の有銘鉄剣《「王賜」銘鉄剣》は360度まわって鑑賞が可能
隣接の歴史体験館では遺物発掘体験、古代衣装の試着、ものづくり体験など
0
Netflixで全世界配信中の注目作品『ONI ~ 神々山のおなり』の世界に没入
トンコハウスの『ダム・キーパー』はアカデミー賞短編アニメーション賞受賞
映像と音楽、光でストーリーを体感。3DCGアニメーションの制作過程も公開
会場
PLAY! MUSEUM
会期
2023年1月21日(土)〜4月2日(日)
開催中[あと58日]
0
明治から昭和初期にかけて全国で大量生産された日常使いの器「印版手」。
骨董屋さんや蚤の市で手にしたり購入している方も多いのではないでしょうか。
会場
大阪歴史博物館
会期
2023年1月21日(土)〜3月21日(火・祝)
開催中[あと46日]
5
16歳でウィーン美術アカデミーに入学した天才、エゴン・シーレの大規模展
わいせつ画頒布とモデルの少女誘拐容疑で収監も。常識にとらわれない創作
スペイン風邪でわずか28歳で死去。30年ぶりの展覧会は東京会場のみで開催
会場
東京都美術館
会期
2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
開催中[あと65日]
1
渋谷の46階展望回廊「SKY GALLERY」出会うアートチーム 目[mé]による作品
都市の運動から離れて、非言語な空間で「ただ、眺める」ことができる体験
昼間と夜。時間を忘れて変化していく眺望と作品をゆっくり楽しんでみては
会場
SHIBUYA SKY 46階「SKY GALLERY」
会期
2023年1月13日(金)〜3月24日(金)
開催中[あと49日]
1
東京では18年ぶり。代表作100余点が一堂に会する佐伯祐三の大規模回顧展
佐伯が過ごした大阪、東京、パリ。風景画のほか、人物画や静物画も紹介
本格的に画業に取り組んだのはわずか4年余り。最晩年に描いた作品も必見
会場
東京ステーションギャラリー
会期
2023年1月21日(土)〜4月2日(日)
開催中[あと58日]
1
一般的にイメージする器の形を発展させた作品から、作者の思いを土で作り焼成した作品まで、現代のやきものの様々な「かたち」に焦点を当てた展覧会が開かれている。菊池寛実記念智美術館で開催中の「現代のやきもの、思考するかたち」だ。
会場
菊池寛実記念 智美術館
会期
2023年1月3日(火)〜3月19日(日)
開催中[あと44日]
1
卯年生まれの岩崎小彌太の還暦を祝して制作された愛らしい御所人形が公開
七福神と童子たち、兎の冠を戴く総勢58体。布袋と弁天は小彌太と夫人かも
他にも吉祥性あふれる、さまざまな作品を紹介。国宝《曜変天目》も展示中
会場
静嘉堂文庫美術館
会期
2023年1月2日(月)〜2月4日(土)
もうすぐ終了[あと1日]
0
江戸時代に精密な解剖図や世界地図を制作。西洋由来の腐食銅版画の大成者
重要文化財をはじめとする代表的な銅版画はもちろん、独特な肉筆油彩画も
故郷・須賀川で守られてきた作品の数々。首都圏では17年ぶりとなる回顧展
会場
千葉市美術館
会期
2023年1月13日(金)〜2月26日(日)
開催中[あと23日]
0
永青文庫が所有する国宝刀剣全4口が約8年ぶりに勢揃い。あわせて刀装具も
10代の頃から刀剣の目利きを学んだ細川護立。戦禍で疎開させ今日まで伝来
とうらぶファン必見、「文京区×刀剣乱舞ONLINEコラボレーション」も実施
会場
永青文庫
会期
2023年1月14日(土)〜5月7日(日)
開催中[あと93日]
3
屏風を中心に、絵画や古筆から「遊び」の諸相について紐解いていく展覧会
桜のもとで蹴鞠をする公家や犬追物や狩猟を行う武士、貴族の優雅な遊びも
2階は青銅鏡を展示した「兎をさがせ! Where are the Rabbits ?」コーナーも
会場
根津美術館
会期
2022年12月17日(土)〜2023年2月5日(日)
もうすぐ終了[あと2日]
9
2023年秋で開館10周年の岡田美術館。記念展の第一弾は伊藤若冲と田中一村
若冲が30代末頃~40代の着色画と、一村の奄美大島在住時代の代表作が競演
叭々鳥を描いた両者の作品は並べて展示。「生誕360年記念 尾形乾山」も
会場
岡田美術館
会期
2022年12月25日(日)〜2023年6月4日(日)
開催中[あと121日]
5
現代日本を代表するアーティスト、大竹伸朗(1955-)の制作の軌跡を辿る!
80年代初めにデビューし、絵画、版画、素描、彫刻、映像など、多彩な創作
国際展に出品した作品を含む約500点を7つのテーマで。16年ぶりの大回顧展
会場
東京国立近代美術館
会期
2022年11月1日(火)〜2023年2月5日(日)
もうすぐ終了[あと2日]
4
ピカソ、クレー、マティス、ジャコメッティら97点のうち76点が日本初公開
日本初公開となる35点をはじめ、ピカソの画業の各時代を代表する名品たち
作品の購入時にベルクグリューンがこだわった、アンティークの額にも注目
会場
国立西洋美術館
会期
2022年10月8日(土)〜2023年1月22日(日)
会期終了
1
1972年にデビューしたユーミン、50年の活動を振り返る過去最大の大規模展
貴重な資料や映像、ステージ衣装、直筆のメモなど。ユーミンの魅力が全開
無料でユーミン自身の解説+著名人メッセージ、スマホとイヤホン持参必須
会場
東京シティビュー
会期
2022年12月8日(木)〜2023年2月26日(日)
開催中[あと23日]
3
円山応挙による国宝《雪松図屏風》を「おめでたい絵画」として改めて展観
吉祥イメージとして中国から東アジアに伝播した牡丹。孔雀の卵の内側にも
子孫繁栄を象徴する蔓草、夫婦円満の縁起物はキジ、鹿は長寿のイメージ…
会場
三井記念美術館
会期
2022年12月1日(木)〜2023年1月28日(土)
会期終了
3
眼では捉えきれない題材に肉薄し、新たな視覚像を提示する諏訪敦の作品展
満州で病死した祖母をテーマにした作品や、美術史を踏まえた静物画の探求
大野一雄の取材と、身体表現のリレー。複数の画像が重なったような最新作
会場
府中市美術館
会期
2022年12月17日(土)〜2023年2月26日(日)
開催中[あと23日]
2
若手芸術家の在外研修の成果を発表する毎年恒例の展覧会、2年ぶりの開催
今回は10名が参加。近藤聡乃は国立新美術館での展覧会では初の2度目参加
サブタイトルは「百年まえから、百年あとへ」関東大震災から100年で命名
会場
国立新美術館
会期
2022年11月19日(土)〜2023年1月29日(日)
会期終了
1
『東京漂流』『メメント・モリ』の藤原新也が、公立美術館で初の大規模展
「祈り」というキーワードに基づき、藤原自身が改めて厳選・編集して構成
大画面に引き伸ばされた写真に本展のために書き下ろされた文章が並ぶ空間
会場
世田谷美術館
会期
2022年11月26日(土)〜2023年1月29日(日)
会期終了
おすすめレポート
学芸員募集
やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
高知県
杉並区立郷土博物館 学芸員募集中! [杉並区立郷土博物館]
東京都
【セゾン現代美術館】アートショップ店長候補募集! [セゾンアートショップ (横浜・みなとみらい)]
神奈川県
企画・広報スタッフ(愛媛県歴史文化博物館) [愛媛県歴史文化博物館]
愛媛県
キッズプラザ大阪 契約職員(プランナー)募集中! [キッズプラザ大阪]
大阪府
展覧会ランキング
1
東京都現代美術館 | 東京都
クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
開催中[あと114日]
2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
2
東京都美術館 | 東京都
レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
開催中[あと65日]
2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
3
出光美術館 | 東京都
江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
もうすぐ終了[あと9日]
2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
4
国立科学博物館 | 東京都
特別展「毒」
開催中[あと16日]
2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
5
アーティゾン美術館 | 東京都
パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
もうすぐ終了[あと2日]
2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)