《文鎮 十二支「子」》

このキャラの応援メッセージを見る

文鎮 十二支「子」13代鈴木盛久

盛岡市先人記念館

13代鈴木盛久(1896~1976)によるねずみの文鎮です。
鼻先からおしりまでは約6.5㎝、高さは約3.5㎝と手のひらの中にすっぽり収まる大きさ。畑や庭のすみで見つけた小さな野ねずみを思わせるサイズです。
鉄瓶で知られる南部鉄器の文鎮なので、小さいながらずっしりとした重量感があります。
大きな耳、長いしっぽ、背中からおしりにかけての丸いフォルム。ねずみの姿をすっきりと単純化しています。
おしりに見える小さな凹凸は、13代盛久の銘です。
鈴木家は、代々御鋳物師(おいもじ)として盛岡藩に仕えた家柄で、13代も15歳から父の下で研鑽を積み、数え29歳で襲名。茶の湯釜をはじめ多くの優れた作品を残し、昭和49年(1974)には南部鉄器職人として初めて「記録等の措置を講ずべき無形文化財(いわゆる人間国宝)」に指定されました。
現在、鈴木家は「鈴木盛久工房」として、初の女性南部鉄器職人となった15代盛久が活躍していることでも広く知られています。

担当者からのコメント:文鎮・ペーパーウェイトとしての使用もさることながら、机の片隅に置き、いつも撫でて愛でたいそんな可憐なねずみです。
なお、盛岡市先人記念館では、同じく13代盛久による香合「ねずみ」を常設展にて公開中です。
よりデフォルメされたねずみのかわいらしさを是非ごらんください。

このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。

展覧会ランキング
1
三菱一号館美術館 | 東京都
イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
開催まであと21日
2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
2
PLAY! MUSEUM | 東京都
「ぐりとぐら しあわせの本」展
開催中[あと184日]
2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
3
国立科学博物館 | 東京都
大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
開催まであと20日
2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
4
東京都美術館 | 東京都
ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
開催中[あと79日]
2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
5
東京国立博物館 | 東京都
イスラーム王朝とムスリムの世界 
開催中[あと149日]
2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
おすすめレポート
学芸員募集
国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
愛知県
国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
愛知県
目黒区めぐろ歴史資料館 研究員募集中! [目黒区めぐろ歴史資料館]
東京都
国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
愛知県
狭山市立博物館 副館長募集 [狭山市立博物館]
埼玉県

「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


ミュージアム キャラクター アワード

ミュージアム 干支コレクション アワード