《牛》

このキャラの応援メッセージを見る


 小林古径 1943(昭和18)年 紙本・彩色

山種美術館


2頭の牛が角を突きあわせる様子を描いた作品。無駄のない線によって縁取られた輪郭、隈によって得られた体の重量感、鋭く細やかな眼の描写、白と黒という単純な色彩―それらが相まって、この2頭の間に漲っている静かな闘志と緊張感がみごとに表現されています。


担当者からのコメント

肥痩のない線描と、墨(黒)と胡粉(白)の限られた色数で、2頭の牛を立体的に表現するなど、古径の特性が表れた作品です。また、静止した右の牛と、頭を下げ角を突き立てる左の牛との間には、黒と白、静と動の対比も表現され、画面に緊張感を生み出しています。

このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
虎屋グループの会社が運営する文化施設で管理職募集! [御殿場市東山旧岸邸]
静岡県
東京オペラシティアートギャラリー、事務職員募集中! [東京オペラシティアートギャラリー]
東京都
はつかいち美術ギャラリー 学芸員募集中! [はつかいち美術ギャラリー]
広島県
山梨県立科学館 インフォメーションスタッフ募集 [山梨県立科学館]
山梨県
【令和5年度採用】鳥取市歴史博物館 学芸員(正職員/美術系)募集について [鳥取市歴史博物館(やまびこ館)]
鳥取県
展覧会ランキング
1
寺田倉庫 B&C HALL・E HALL | 東京都
BETTY CATROUX - YVES SAINT LAURENT 唯一無二の女性展
もうすぐ終了[あと3日]
2022年11月19日(土)〜12月11日(日)
2
静嘉堂文庫美術館 | 東京都
響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
もうすぐ終了[あと10日]
2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
3
アーティゾン美術館 | 東京都
パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
開催中[あと59日]
2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
4
国立科学博物館 | 東京都
特別展「毒」
開催中[あと73日]
2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
5
国立西洋美術館 | 東京都
ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
開催中[あと45日]
2022年10月8日(土)〜2023年1月22日(日)