《虎図》

このキャラの応援メッセージを見る

《虎図》 片山楊谷(かたやまようこく) 1760(宝暦10)-1801(享和元)年 江戸時代後期

渡辺美術館


鳥取藩士で絵師でもあった片山楊谷は当時、光格天皇に画を献上するほど高い画技を持っていました。その画風は、頭髪や動物の毛1本1本を筆で描き出す極めて精緻なもので、「毛書きの楊谷」との異名もあったほどです。
そんな楊谷が渇筆で描いたこの虎は、上目遣いで歩み寄ってくるという斬新な構図。目が大きくて、なんとも愛らしい感じです。実は毛書きで緻密に描かれた彩色猛虎でも、いかつい割には愛らしさが漂ってくる――。それが“楊谷虎”なのかもしれません。


担当者からのコメント

江戸時代の虎図には、一見猫にも見える愛らしい虎をよく見かけます。これぞまさに「ねこトラ」。片山楊谷の虎図は「吉祥展2022 ねこトラ参上!(2021.12.22 - 2022.1.24)」で展示中です。


このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
東京都
【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
東京都
資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
東京都
北海道斜里町 学芸員募集 [斜里町立 知床博物館]
北海道
府中市美術館学芸員募集 [府中市美術館]
東京都
展覧会ランキング
1
市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
ヨシタケシンスケ展かもしれない
開催中[あと17日]
2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
2
三菱一号館美術館 | 東京都
ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
開催中[あと45日]
2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
3
佐賀県立美術館 | 佐賀県
どがんなっとっと展
開催中[あと24日]
2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
4
駿府博物館 | 静岡県
柴田ケイコ「パンどろぼう」展
開催中[あと24日]
2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
5
国立西洋美術館 | 東京都
自然と人のダイアローグ
開催中[あと31日]
2022年6月4日(土)〜9月11日(日)