《兎》

このキャラの応援メッセージを見る

《兎》 津田正周 制作年不詳(1952年以前)

神奈川県立近代美術館 葉山


作者の津田正周(つだ まさちか 1907-1952)は1929年にフランスに留学し、油彩画の技術を学びました。本作の下には留学中と思われる絵が描かれています。残された作品の数は少ないのですが、風景画を中心に描いていた画家であるため、《兎》はとてもユニークなモチーフの作品といえます。


担当者からのコメント

生成り色の小さな画面に、黒い塊が浮かぶように描かれています。一見すると何だか分かりませんが、きょろりと左眼がこちらを見ています。もっとよく見ると、ぎゅっと丸まった体にお行儀よく沿わせた耳が見えてくるでしょう。見れば見るほど魅力が増してくる作品です。


このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
高知県
さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
埼玉県
会計年度職員(埋蔵文化財担当)の募集 [山形県鶴岡市上山添字文栄100 櫛引庁舎]
山形県
岐阜関ケ原古戦場記念館 学芸員募集! [岐阜関ケ原古戦場記念館]
岐阜県
【国立美術館本部】研究補佐員(ラーニング部門)公募 [国立アートリサーチセンター(仮称)]
東京都
展覧会ランキング
1
東京都現代美術館 | 東京都
クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
開催中[あと120日]
2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
2
出光美術館 | 東京都
江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
開催中[あと15日]
2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
3
東京都美術館 | 東京都
レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
開催中[あと71日]
2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
4
アーティゾン美術館 | 東京都
パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
もうすぐ終了[あと8日]
2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
5
国立科学博物館 | 東京都
特別展「毒」
開催中[あと22日]
2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)