《倶利伽羅龍図》

この作品の応援メッセージを見る

《倶利伽羅龍図》 藤堂高近筆 絹本着色 三幅のうち 江戸時代

石水博物館


不動明王が災厄を切り裂く利剣に、龍が巻き付いた姿は、不動明王の化身と崇められた。本幅はともに制作された昇龍、降龍の三幅の一つで、本尊に相当する。描いたのは4代津藩主の藤堂高近(のち高睦、1667~1708)で、三幅対を川喜田家当主に下賜した。


担当者からのコメント

重い画題のわりに、龍の表情はどこかひょうきんです。本作に示された高近の画技は決して巧みとは言えませんが、お殿様がたわむれに描いた絵画として、また伊勢商人・川喜田家との結びつきを示す歴史資料として、興味深い作品です。

この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
大阪府
米子市美術館 学芸補助員(嘱託職員)募集 [米子市美術館]
鳥取県
【パート】中野区立歴史民俗資料館 運営業務補助スタッフ 募集! [【中野区立歴史民俗資料館】中野区江古田四丁目3番4号]
東京都
東京国立博物館 広報室 有期雇用職員募集中 [東京国立博物館]
東京都
【文化学園服飾博物館】学芸員アシスタント(アルバイト)募集 [文化学園服飾博物館]
東京都
展覧会ランキング
1
紅ミュージアム | 東京都
企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
開催中[あと37日]
2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
2
東京都美術館 | 東京都
印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
開催中[あと37日]
2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
3
東京国立博物館 | 東京都
特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
もうすぐ終了[あと9日]
2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
4
名古屋市美術館 | 愛知県
ガウディとサグラダ・ファミリア展
もうすぐ終了[あと9日]
2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
5
パナソニック汐留美術館 | 東京都
フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
もうすぐ終了[あと9日]
2024年1月11日(木)〜3月10日(日)