《羅漢龍虎》

この作品の応援メッセージを見る

《羅漢龍虎》一双のうち(部分) 小川芋銭 1935年頃 

桑山美術館


作者の小川芋銭(1868-1938)は洋画を学び、のち新聞社の客員としてスケッチや漫画を制作したが日本画に転向。横山大観に認められて院展の同人となり「河童の絵描き」として知られ、幻想的で詩情あふれる作品を発表した。
画題の羅漢とは仏教修行の最高段階の称。人々から尊敬され供養を受けるに値する聖人で、古来多くの図像が残されている。この作品では虎を手なずけ、毒で龍を制すなど羅漢の神通力が絵画化され、作者独自の解釈で古画にみる怪奇で厳めしい姿とは異なりユーモアに富んだ親しみやすい羅漢図となっている。


担当者からのコメント

一昨年の「干支コレクションアワード2022」では一双のうち「虎」にエントリーしましたが今回は「龍」で上位を目指します。
天空を翔る勇猛な姿で表現される龍とは異なり羅漢を見上げる仕草や表情は、まるで飼い猫が主人の足元にまとわりつくようです。ペット化されたカワイイ龍を応援してください。

この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
大阪府
米子市美術館 学芸補助員(嘱託職員)募集 [米子市美術館]
鳥取県
【パート】中野区立歴史民俗資料館 運営業務補助スタッフ 募集! [【中野区立歴史民俗資料館】中野区江古田四丁目3番4号]
東京都
東京国立博物館 広報室 有期雇用職員募集中 [東京国立博物館]
東京都
【文化学園服飾博物館】学芸員アシスタント(アルバイト)募集 [文化学園服飾博物館]
東京都
展覧会ランキング
1
紅ミュージアム | 東京都
企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
開催中[あと37日]
2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
2
東京都美術館 | 東京都
印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
開催中[あと37日]
2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
3
東京国立博物館 | 東京都
特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
もうすぐ終了[あと9日]
2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
4
名古屋市美術館 | 愛知県
ガウディとサグラダ・ファミリア展
もうすぐ終了[あと9日]
2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
5
パナソニック汐留美術館 | 東京都
フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
もうすぐ終了[あと9日]
2024年1月11日(木)〜3月10日(日)