蜷川実花「瞬く光の庭」展

    東京都庭園美術館 | 東京都

    蜷川実花は現代日本を代表する写真家・映画監督として、独自のスタイルで知られています。その視線は一貫して、いのちの輝きと儚さに対して向けられてきました。 写真を中心に、多岐に渡る表現を手掛ける蜷川ですが、この展覧会では、コロナ禍の国内各地で昨年から今年にかけて撮影された、最新の植物の写真と映像をご覧いただきます。アール・デコ様式で装飾された当館の建築に蜷川の作品を重ねることで、様々な時間の交差する場を出現させるものです。植物から植物へと、あたかも蝶のように回遊しながら、蜷川のまなざしを追体験できる貴重な機会となります。 本展に先立ち2018年より国内10か所を巡回した「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」は、コロナ禍までを含む蜷川のキャリアを総覧するものでした。 本展では、さらなる飛躍を期待される蜷川の最新作と、ほかに類を見ない当館の建築空間との競演をお楽しみいただけます。蜷川が今、強く惹かれているという、光に溢れた色 “光彩色”(こうさいしょく)の世界、夢かと見まがうかのような現実の一瞬を映し出す写真やダイナミックな映像インスタレーションによる、蜷川の新機軸となる「今」と「これから」にご期待ください。
    会期
    2022年6月25日(土)〜9月4日(日)
    開催中[あと23日]
    開館時間
    10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
    料金
    一般 ¥1,400(¥1,120)
    大学生(専修・各種専門学校含む)¥1,120(¥890)
    中・高校生 ¥700(¥560)
    65歳以上 ¥700(¥560)
    ( )内は20名以上の団体料金(事前申請が必要)
    休館日 毎週月曜日、ただし7月18日(月・祝)は開館、7月19日(火)は休館
    チケットを買う https://www.e-tix.jp/teien-art-museum/mika_ninagawa.html
    公式サイト https://www.mikaninagawa-flickeringlight.com/
    会場
    東京都庭園美術館
    住所
    〒108-0071 東京都港区白金台5-21-9
    ハローダイヤル 050-5541-8600
    評価
    蜷川実花「瞬く光の庭」展のレポート
    3
    蜷川実花による新作の写真とアール・デコ様式の装飾とのコラボレーション
    コロナ禍に国内の各地で撮影された、柔らかな“光彩色”で彩られた植物たち
    四季折々の植物を撮り下ろした、ダイナミックな映像インスタレーションも
    おすすめレポート
    学芸員募集
    HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
    東京都
    【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
    東京都
    三重県立美術館 非常勤学芸員募集 [三重県立美術館]
    三重県
    京都工芸繊維大学 美術工芸資料館 技術補佐員の募集 [京都工芸繊維大学(美術工芸資料館)]
    京都府
    資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    開催中[あと16日]
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    2
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと44日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    3
    佐賀県立美術館 | 佐賀県
    どがんなっとっと展
    開催中[あと23日]
    2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
    4
    駿府博物館 | 静岡県
    柴田ケイコ「パンどろぼう」展
    開催中[あと23日]
    2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    自然と人のダイアローグ
    開催中[あと30日]
    2022年6月4日(土)〜9月11日(日)