生誕120年 棟方志功展 メイキング・オブ・ムナカタ

    東京国立近代美術館 | 東京都

    「世界のムナカタ」として国際的な評価を得た版画家・棟方志功(1903-1975)。一心不乱に板木に向かう棟方の姿は、多くの人々の記憶に刻み込まれています。棟方が居住し、あるいは創作の拠点とした青森、東京、富山の三つの地域は、それぞれに芸術家としての棟方の形成に大きな影響を与えました。 棟方の生誕120年を記念し、各地域の美術館(富山県美術館、青森県立美術館、東京国立近代美術館)が協力して開催する本展では、棟方と各地域の関わりを軸に、板画、倭画、油彩画といった様々な領域を横断しながら、本の装丁や挿絵、包装紙などのデザイン、映画・テレビ・ラジオ出演にいたるまで、時代特有の「メディア」を縦横無尽に駆け抜けた棟方の多岐にわたる活動を紹介し、棟方志功とはいかなる芸術家であったのかを再考します。
    会期
    2023年10月6日(金)〜12月3日(日)
    会期終了
    開館時間
    午前10時〜午後5時(金・土曜日は午後8時まで)※入館は閉館の30分前まで
    料金
    一般:1,800(1,600)円 大学生:1,200(1,000)円 高校生:700(500)円
    ※いずれも消費税込。
    ※()内は前売および20名以上の団体料金。
    ※前売券は8月22日(火)から10月5日(木)までの期間限定販売。
    休館日 月曜日(ただし10月9日は開館)、10月10日(火)
    チケットを買う https://bit.ly/3tlQlen
    公式サイト https://www.munakata-shiko2023.jp
    会場
    東京国立近代美術館
    住所
    〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1
    050-5541-8600(ハローダイヤル)
    評価
    生誕120年 棟方志功展 メイキング・オブ・ムナカタのレポート
    4
    生誕120年の節目の年。棟方志功の画業の全貌を解き明かす最大規模の回顧展
    寺外での公開が少ない名作《華厳松》や縦3メートルの屛風を60年ぶりに公開
    デザイナーとしての一面も分かる、高い人気を博した本の装幀や包装紙の図案
    生誕120年 棟方志功展 メイキング・オブ・ムナカタの巡回展
    生誕120年 棟方志功展 メイキング・オブ・ムナカタ
    富山県
    2023年3月18日(土)〜5月21日(日) 富山県美術館
    青森県
    2023年7月29日(土)〜9月24日(日) 青森県立美術館
    東京都
    2023年10月6日(金)〜12月3日(日) 東京国立近代美術館
    おすすめレポート
    学芸員募集
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    静岡市東海道広重美術館【学芸員】【管理】募集中 [静岡市東海道広重美術館]
    静岡県
    奥州市牛の博物館 学芸調査員を募集中 [牛の博物館]
    岩手県
    佐賀県立宇宙科学館 科学コミュニケーター募集! [佐賀県立宇宙科学館]
    佐賀県
    岩国市科学センター任期付職員(学芸員)募集 [岩国市科学センター]
    山口県
    展覧会ランキング
    1
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと39日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと39日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    3
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
    もうすぐ終了[あと11日]
    2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
    4
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと11日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    5
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと11日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)