インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア

国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア

■甘美なロシア美術に魅せられます
約20万点のロシア美術を所蔵する国立トレチャコフ美術館から、19世紀後半から20世紀初頭の作品72点が、Bunkamura ザ・ミュージアムにやってきました。イワン・クラムスコイ(1837-1887)の名作《忘れえぬ女(ひと)》など、ロマンティックなロシア美術の世界に魅せられます。
2018年は、“日本におけるロシア年”“ロシアにおける日本年”。両国の文化を紹介し合うイベントが、多数開催されています。本展もこの交流行事の一環、かつ、Bunkamura 30周年記念の企画展でもあります。

19世紀後半から20世紀初頭のロシアは、近代化が遅れたことにより、社会情勢は不安定でした。農奴解放令後も身分の違いが残り続け、権威に対する反発が日増しに強くなる一方、美術や文学などの諸分野においては、傑出した才能が多く輩出されました。

本展で紹介されている「移動派」も、その中に含まれます。移動派は、アカデミズムという制約を嫌うクラムスコイらにより、1870年、サンクトペテルブルクで設立。民衆を啓蒙しようとする運動も盛んになり、権威への抵抗、働きかけという点で、移動派はこの時代の特徴をよく表していました。

「ロマンティックな風景」は、ロシアの自然を理解してもらうために、作品を四季ごとに展示。春から冬へ変わっていく自然を展覧することができます。

中でもイワン・シーシキンの《雨の樫林》は必見。降り続いた雨による湿潤な空気感が、見事に再現されています。絵の前に立つと、雨の降る森林特有の香りがしてきそうなほど、リアリティーある作品です。森をテーマにした作品を得意としたシーシキンは、「森の王」とも呼ばれています。



クラムスコイの名作《忘れえぬ女(ひと)》は、日本でも人気がある花形の作品。実は日本に8回来日しています。今回も、日本へようこそいらっしゃいました。

本展覧会担当のガリーナ・チュラクさん(国立トレチャコフ美術館シニア・キュレーター)が「ロシアの人々は、この《忘れえぬ女(ひと)》が海外に行ってしまうと知った日には、早く帰ってきてほしいと願うのですよ」と語るほど、本国でも人気の高い作品。「ロシアのモナ・リザ」とも称されています。

同じ室内に展示されている《月明かりの夜》も、クラムスコイが描いた女性像です。月の淡い光が映し出す女性は、物思いにふけっているのか、視線の先の誰かを誘っているのか。感じ方は千差万別。クラムスコイの描いた女性たちの視線の先に誰がいるか、想像してみては?

本展終了後、岡山、山形、愛知に巡回します。会場と会期はこちらの巡回展情報をご覧ください。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2018年11月22日 ]

Discover Japan_CULTURE TOKYO美術館2018-2019Discover Japan_CULTURE TOKYO美術館2018-2019

ディスカバージャパン編集部(編集)

エイ出版社
¥ 1,296

料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場Bunkamura ザ・ミュージアム
開催期間2018年11月23日(金・祝)~2019年1月27日(日)
所在地 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/18_russia/
展覧会詳細へ 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社