インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」

特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」

■模写が伝える、いにしえの威容
【当面の間、臨時休館】世界最古の木造建築、法隆寺金堂。東洋仏教絵画の白眉と称された壁画は、失火のため焼損してしまいましたが、焼損前に描かれた模写により、その威容が現代に伝わります。改めて文化財の保存・継承を考える展覧会が、東京国立博物館で始まります。
※3/19現在、展覧会の開幕日は未定です※

戦後間もない1949年(昭和24)1月26日午前7時ごろ、法隆寺金堂で火災が発生。解体修理中だったため、外されていた上層部分や、移座されていた釈迦三尊像は被害を免れたものの、壁画は激しく焼損してしまいました。

この惨事を契機に制定されたのが文化財保護法で、今年は制定からちようど70周年。展覧会はこれを記念したもので、文化財継承の意義を伝えていきます。

金堂壁画は、7世紀末頃に描かれた仏教絵画です。現在の大陸には、古代東アジアの仏教絵画が残っていない事もあり、極めて貴重な文化財といえます。

金堂が一般に公開されたのは、江戸時代の中頃から。1852年(嘉永5)には早くも模写されています。礼拝画として描かれたため記録ではありませんが、現存する壁画の模写では最古の作例です。



近代になってからは京の画工・桜井香雲が、現状を記録的に模写。大正時代になると壁面の撮影が行われたほか、日本画家・鈴木空如は壁画全十二面を3度に渡って模写しました。

昭和に入ると大規模な修理事業が始まります。京都の美術印刷会社・便利堂は壁画全体を撮影。これらの写真は、2015年に国の重要文化財に指定されています。

同時に進められた模写は、荒井寛方、中村岳陵、橋本明治、入江波光らが担当。当時は軍事用だった蛍光灯も利用し、色彩も入念に写していきました。

入江波光は白装束で作業するなど、画家たちは並々ならぬ意欲で模写を進めましたが、戦争の激化で事業は中断。遅延を余儀なくされたため、真冬も模写作業を進める中で、1月26日を迎えてしまったのです。

焼損壁画は破棄されたわけではなく、今でも法隆寺で移築・保存されています。将来的には公開も視野に入れています。

展覧会ではあわせて、法隆寺のほとけも紹介されています。

中央に鎮座するのは「百済観音」の名で知られる国宝《観音菩薩立像》。昭和の初めまで法隆寺金堂の北面にありました。

像高209cm。顔が小さく、一般的な仏像に比べると異様なほどの痩身。横から見ると、身体の薄さが良く分かります。これは観音像の超越性を強調しています。

みどころといえるのが、しなやかな指のつくり。水瓶の口を持つ左手は、指先が徐々にずれ、右手は衆生を救うように前に差し伸べられています。

飛鳥時代を代表する仏像にも関わらず、謎も多い百済観音。百済国から伝えられたという確証はなく、天平時代の資材帳には記述がないなど、いつから法隆寺にあるのかも定かではありません。

百済観音の前に並ぶのは、金堂の本尊釈迦三尊像の左右に安置されている、国宝《毘沙門天立像》と国宝《吉祥天立像》。こちらは平安時代の作です。穏やかな表現で、いかにも平安時代らしい像容です。

会場最後には「スーパークローン文化財」も特別出品。東京藝術大学が制作した、法隆寺金堂本尊の釈迦三尊像です。実際の像は門外不出なので、細部まで再現したうえで、高い可搬性を持つスーパークローン文化財は、今後もさまざまな場所で活用が期待されます。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年3月16日 ]


 
会場東京国立博物館 特別4室・特別5室
開催期間開幕日未定~5月10日(日)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://horyujikondo2020.jp/
展覧会詳細へ 特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
渋谷区立松濤美術館「いっぴん、ベッピン、絶品!
浮世絵師たちの絵画
21_21
デザイナー達の原画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 神戸市立博物館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020 誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 しあわせのリカちゃん展
彩られた紙―料紙装飾の世界― 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 チェコ・デザイン 100年の旅
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社