インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技

館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技

■特撮に捧げる熱い情熱
【会期終了】 ゴジラ、モスラ、そしてウルトラシリーズ。円谷英二を頂点として隆盛を極めた日本の「特撮」は、デジタル技術の発達とともに危機を迎えています。特撮文化を後世に残すべく、「エヴァンゲリオン」シリーズの監督・庵野秀明さんを「館長」に迎えた企画展が、東京都現代美術館で開催中です。
特撮を見て育った世代といえる庵野秀明さん(1960年生)。映像クリエイターとして活躍している原点には、幼少の頃から親しんだ特撮も大きく影響していますが、残念ながら日本の特撮美術は大きな岐路に立たされています。

ミニチュアや着ぐるみ使った撮影はCGで作った映像に置き換えられ、かつて使われたミニチュアも次々に廃棄されているのです。


冒頭は「海底軍艦」や「宇宙大戦争」などの映画の資料から

特撮映像の面白さを伝え、遺し、未来に繋げたい。庵野さんの願いが形になったのがこの企画展です。副館長も「マニアあがり」ほ自負する特撮監督の樋口真嗣さん(1965年生)。会場には映画・TVで活躍したミニチュアやデザイン画などが一堂に集まりました。

展示物はデザイン画、映画ポスター、図面、マスク、着ぐるみ、建物のミニチュア、戦闘機や武器など。破損していたミニチュア類は、当時の図面や写真をベースにし、可能な限り当時と同じ作り方で修復されました。考古資料の展示と同様の熱い情熱が、特撮の資料に注がれています。


ウルトラシリーズの戦闘機など ©円谷プロ

過去を懐かしむだけではありません。この展覧会のために特撮映画を新たに制作し、その特撮手法を紹介するという大きな仕掛けもあります。

つくられた映画は「巨神兵東京に現わる」、宮崎駿さんの「風の谷のナウシカ」に登場する巨神兵が題材です。庵野秀明さんが企画し、樋口真嗣さんが監督しました。

映画は9分強の短編ですが、「昭和平成の時代に培われてきた往年の特撮技術と最新の技術を組み合わせた“大スペクタクル特撮映画”」(図録から)という大迫力。巨神兵が東京を火の海にしていきます。


「巨神兵像」竹谷隆之作 ©2012 二馬力・G

会場の最後も驚きの構成。約16メートル四方のサイズで、ミニチュアのステージが展示されています。路上には戦車、奥には折れ曲がった東京タワー。今にも怪獣が登場しそうな街が足元に広がります。

そして嬉しいことに、ミニチュアステージは撮影可能。ぜひカメラ持参で来館して、特撮の世界を垣間見てください。


細部まで忠実に再現されたミニチュアステージ

「巨神兵東京に現わる」のメイキング映像も紹介されていましたが、印象的なのは樋口さんをはじめとするスタッフの笑顔です。

風船に粘液を入れて爆発させた、ビルの溶解シーン。爆風での崩壊は「伊原さんコナゴナ方式」と「テンパーガラス方式」を両方を採用。シーンを撮り終えた後の歓声と満面の笑顔は、見ていて羨ましく感じられるほどでした。

庵野さんも樋口さんも「来館した人が“自分もやりたい”と思わせたい」と語ります。「MOT(東京都現代美術館)で見た“特撮博”がきっかけでこの世界に入りました」というクリエイターが現れる日を、心待ちにしたいと思います。(取材:2012年7月9日)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 : 序 全記録全集

庵野秀明 (著)

日本出版貿易
 

料金一般当日:1,400円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


会場東京都現代美術館
開催期間2012年7月10日(火)~10月8日(月・祝)
所在地 東京都江東区三好4-1-1
TEL : 03-5245-4111(代)
HP : http://www.ntv.co.jp/tokusatsu/
展覧会詳細へ 館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社