インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  「ラファエロ」展

「ラファエロ」展

■大量上陸した“美の規範”
【会期終了】 「日本におけるイタリア2013」の今年は、イタリア関係の大規模展覧会が目白押しです。先陣を切って、国立西洋美術館で「ラファエロ」展がはじまりました。
ダ・ヴィンチ、ミケランジェロと並ぶルネサンスの三大巨匠、ラファエロ・サンツィオ。あまりにもビッグネームなだけに、その作品は所蔵する美術館にとっても“顔”といえる存在です。そのため、今までヨーロッパ以外で大規模なラファエロ展が開かれたことはありませんでした。


第1章「画家への一歩」

今回の展覧会は、フィレンツェ文化財・美術館特別監督局が全面協力。ウフィツィ美術館やパラティーナ美術館などのイタリア国内の美術館はもとより、ルーヴル美術館やプラド美術館などからも作品が集結しました。

これまでの展覧会ではラファエロ作品が来日しても、せいぜい数点どまり。20点以上のラファエロ作品が揃うのは前代未聞で、驚くべき大規模なラファエロ展といえます。


第2章「フィレンツェのラファエロ ─ レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロとの出会い」

会場構成は、ラファエロの画業を年代順に紹介する「画家への一歩」「フィレンツェのラファエロ ─ レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロとの出会い」「ローマのラファエロ ─ 教皇をとりこにした美」と、ラファエロ工房の作家などを紹介する「ラファエロの後継者たち」の4章。油彩を中心に素描、版画、工芸など約60点が展示されています。


第3章「ローマのラファエロ ─ 教皇をとりこにした美」

本展最大の注目様品である≪大公の聖母≫は、第2章での展示。18世紀末にナポレオンに追われたトスカーナ大公フェルディナント3世が亡命先にも持っていった愛蔵品で、“聖母子の画家”ラファエロの代表作のひとつです。

黒い背景でドラマチックな印象の作品ですが、実は背景は後年に塗りつぶされたもので、元々は室内の風景が描かれていました。背景との境界のキリストの頭髪も、後年の加筆。展覧会では、最新の科学調査による分析結果も紹介されています。


≪大公の聖母≫

ルネサンスの三大巨匠を比較すると、ダ・ビンチは31歳上、ミケランジェロは8歳上。もっとも若かったラファエロですが、その生涯はわずか37年(ダ・ビンチは67歳、ミケランジェロは89歳で死去)。ちなみにラファエロは美男子で、過度の女好きが死因とも言われています。

若くして亡くなったラファエロですが、その完璧な絵画は“美の規範”とされ、19世紀半ばまで画家の絶対的な手本でした。アングル、マネ、ルノワールなど、ラファエロ作品を慕っていた画家は、枚挙にいとまがありません。


第4章「ラファエロの後継者たち」

著名西洋画家の展覧会は珍しくなくなりましたが、これは別格。2013年上半期最大の注目展です。イタリアつながりでロディとのコラボなど、グッズも充実。国内巡回はせずに、国立西洋美術館だけでの開催となります。(取材:2013年3月1日)

ラファエロの世界ラファエロの世界

池上 英洋 (監修)

新人物往来社
¥ 2,310

料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon
会場国立西洋美術館
開催期間2013年3月2日(土)~6月2日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-7
TEL : 03-5777-8600
HP : http://raffaello2013.com/
展覧会詳細へ 「ラファエロ」展 詳細情報
取材レポート
東京藝術大学大学美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」'
応挙から京都画壇
太田記念美術館「生誕250年記念 歌川豊国
歌川豊国
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
国立西洋美術館「松方コレクション展」
松方コレクション展
東京国立近代美術館「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」
高畑勲
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
Bunkamura ザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」
みんなのミュシャ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン
M.フォルチュニ
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
パナソニック汐留美術館「マイセン動物園展」
マイセン動物園展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
エリアレポート 京都国立近代美術館「ドレス・コード?―― 着る人たちのゲーム」
[エリアレポート]
ドレス・コード?
エリアレポート 豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
[エリアレポート]
クリムト
エリアレポート 東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」
[エリアレポート]
ジュリアン・オピー
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
[エリアレポート]
レオ・レオーニ展
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
[エリアレポート]
フィンランド陶芸
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 奥の細道330年 芭蕉 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社