インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  進撃の巨人展

進撃の巨人展

■上野の森で、心臓を捧げよ!
【会期終了】 人を捕食する巨人と戦う、というダークファンタジーで注目を集め、今や様々なメディアミックスが展開され、実写映画も発表された話題作『進撃の巨人』。企画から1年がかり、作品世界の驚きや恐怖を体験できる衝撃の展覧会が上野の森美術館で開催です。
『進撃の巨人』は別冊少年マガジンで大人気連載中の漫画。高さ50mの長大な壁に囲まれた小さな世界で、巨人の侵略を凌いで生活する人類。主人公は、巨人を駆逐しようという強い意志と、外の世界への憧れを持った少年エレン。人類と巨人の激しい戦いと、徐々に明かされる世界の謎が話題を呼んでいます。

会場に入ると、まず2階へ。一気に作品世界へ引き込まれる「恐怖体感シアター」から始まります。内容はぜひ会場で。とにかく大迫力で驚きます。巨人が襲ってくる恐怖、膝がかなり震えました。


迫力満点の「恐怖体感シアター」

シアターを抜けると、原画の展示コーナーへ。入り組んだ会場は、壁面に作中の印象的なセリフが書かれていたり、照明の演出などで劇的な印象です。迫力の生原稿ですが、作者の諌山先生のちょっとゆるいコメントが付いているものもあるのでお見逃しなく。


原画はテーマごとに展示されます

1階に下りると、実物展示で作品世界を紹介するコーナーへ。ミカサ愛用のマフラーや、エレンの立体機動装置、リヴァイのブレードなどが、調査兵団の研修所を模した部屋に置かれています。マフラーなど一部の展示は、触ることもできます。


物語のカギを握る地下室と、立体機動装置など作中でおなじみのアイテムたち。

展覧会のクライマックスでは、実物大の超大型巨人が登場。大きな掌の下をくぐると、床を突き破る超大型巨人に遭遇します。ぐっと出された手の大きさには驚きました。光と音の演出で迫力たっぷりのコーナーです。


超大型巨人の横に立って記念撮影もできます。

展覧会とは別料金になりますが、「360°体感シアター 哮(こう)」も併設。ヘッドマウントディスプレイを装着すると、360°どこを見ても作品世界が広がり、「トロスト区奪還作戦」を体験できます。立体機動装置で飛ぶ感覚を味わえますが、強烈な浮遊感がありますので乗り物酔いにはご注意。体調を万全に整えて作戦に参加してください。

普通の展覧会や、いわゆる原画展とは一線を画す展覧会。どっぷりと作品世界に浸れる、ファン必見の盛りだくさんの内容になっています。チケットは日時指定の前売制で(前売で販売数に余りが出た場合のみ当日券を販売)土日は大変混雑しているようです。時間に余裕をもってお出かけください。
[ 取材・撮影・文:川田千沙・古川幹夫 / 2014年11月27日 ]

進撃の巨人 コミック 1-14巻セット

諫山 創 (著)

講談社
¥ 6,486


■進撃の巨人展 に関するツイート


 
会場上野の森美術館
開催期間2014年11月28日(金)~2015年1月25日(日)
所在地 東京都台東区上野公園1-2
TEL : 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : http://www.kyojinten.jp/
展覧会詳細へ 進撃の巨人展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社