インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  東宝スタジオ展 映画=創造の現場

東宝スタジオ展 映画=創造の現場

■ゴジラ・七人の侍・日本沈没・永遠の0…名作映画は世田谷生まれ
【会期終了】 「ゴジラ」と「七人の侍」は、同い年の世田谷生まれ。ともに世田谷区砧(現・成城)の東宝スタジオで製作され、1954年に公開されました。“特殊撮影”や“東京の時代劇”を生んだ映画美術の魅力に迫る展覧会が、世田谷美術館で開催中です。
展覧会のキャッチコピーは「世田谷は日本のハリウッドだった!」。確かに、数々の名作映画が世田谷の東宝スタジオから生まれていることは、意外と知られていないかもしれません。

戦前から近年までの東宝スタジオの歩みを振り返る本展。エントランスからいきなりゴジラが登場する楽しい構成で、館内が映画一色に染まります。


エントランスのゴジラは大迫力 ©TOHO CO.,LTD.

黒澤明監督の代表作で、ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞に輝いた「七人の侍」。本多猪四郎が監督、特殊技術を円谷英二が手掛け、日本の怪獣映画の元祖といえる「ゴジラ」。同じ1954年に公開された両作品は、ともにその後の日本映画に大きな影響を与えました。会場では両作品を紹介した後に、時代順に進みます。

東宝スタジオの前身の写真化学研究所(PHOTO CHEMICAL LABORATORY、略称 P・C・L)は、トーキー化を推進。後に映画製作会社としてP・C・L・映画製作所が設立され、1937年には東宝映画が誕生。1943年には現在の東宝株式会社となり、東宝東京撮影所は日本の映画産業を牽引していく事となります。


会場入口から

戦後は大規模な労働争議で「来なかったのは軍艦だけ」と言われる大混乱に陥りますが、1948年に労使が妥結。1950年~70年に、砧撮影所は黄金時代を迎えます。

1951年、黒澤明監督の「羅生門」がヴェニス国際映画祭でグランプリを受賞。成瀬巳喜男、豊田四郎、稲垣浩、そして本多猪四郎と円谷英二ら、多くの監督が東宝撮影所で活躍。次々に名作が生まれました。

興行的にも森繁久弥の「社長シリーズ」と「駅前シリーズ」、加山雄三の「若大将シリーズ」、ハナ肇とクレージーキャッツの「クレイジー映画」など、シリーズ映画が大ヒット。58年の最盛期には日本の映画人口は11億人と、全国民が1カ月に1度は映画館に足を運んでいた事となります。


「砧撮影所の黄金時代 1950年-1970年」

テレビの普及や洋画の台頭で、徐々に活力を失っていった日本の映画界。東宝撮影所も苦難の時代に入りますが、2000年代に入ってシネコンが増加すると、撮影所も新しい時代に入ります。

2003年には100億円を投入して、所内の約90%をリニューアル。都心から近く敷地も広いスタジオの立地を活かし、東宝作品だけでなく他の会社の映画製作も手掛けるようになりました。

近年は、東宝自主製作の作品も拡大しており、昨年は「永遠の0」が大ヒット。今年8月には「進撃の巨人」の公開が控えています。


「東宝撮影所から東宝スタジオへ 1971年-2015年」

企画展と連動して、2階展示室では「世田谷に住んだ東宝スタジオゆかりの作家たち」も開催中です。

東宝作品の映画にも多数出演した女優・高峰秀子旧蔵の絵画や、洋画家の宮本三郎が描いた新珠三千代、淡島千景、香川京子などの作品、また東宝映画の美術監督としても活躍した久保一雄をはじめ村山知義、瀧口修造など、東宝スタジオで映画の現場な関わった美術家たちの作品などを紹介しています。


2階展示室の「世田谷に住んだ東宝スタジオゆかりの作家たち」

会場では名作映画の予告編も上映中。「七人の侍」と「ゴジラ」はもちろん、「生きる」「日本いちばん長い日」「モスラ」「日本沈没」「悪魔の手毬歌」「駅 STATION」「永遠の0」まで、全29作品です。時間に余裕をもって、お越しください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年2月26日 ]



■東宝スタジオ展 に関するツイート


 
会場世田谷美術館
開催期間2015年2月21日(土)~4月19日(日)
所在地 東京都世田谷区砧公園1-2
TEL : 03-3415-6011
HP : http://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/exhibition.html
展覧会詳細へ 東宝スタジオ展 映画=創造の現場 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社