インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  村上隆の五百羅漢図展

村上隆の五百羅漢図展

■創作プロセスまで大公開
【会期終了】 世界的な評価を受けている、現代美術家の村上隆さん(1962-)。国内では2001年以来14年ぶりとなる大規模個展が、森美術館で開催中です。絵画としては最大級、全長100メートルに及ぶ《五百羅漢図》は圧巻です。
アニメやフィギュアなど、いわゆるオタク系のカルチャーを取りこんだ作品で、世界を舞台に活躍する村上隆さん。その展覧会もヴェルサイユ宮殿をはじめ世界各地で開催されていますが、日本に限ると、2001年に東京都現代美術館で開催された「村上隆展 召喚するかドアを開けるか回復するか全滅するか」が最後。実に14年ぶりの大規模展になります。

本展はタイトルこそ「五百羅漢図展」ですが、会場にはその他の作品も紹介。村上さんがこれまでに手掛けたキャラクターが合体した作品や、大型の彫刻など、すべて日本初公開です。


会場

《五百羅漢図》は、ギャラリー3に「青竜」と「白虎」、ギャラリー4に「朱雀」と「玄武」で、向かい合わせに展示されています。2012年にドーハで発表されましたが、今回の里帰りを機に一部が加筆されたため、完成版としては初公開になります。

羅漢とは、釈迦の教えを広めた聖人のこと。江戸時代中期には各地で五百羅漢の木像・石像が作られ、幕末の絵師・狩野一信が描いた《五百羅漢図》全100幅(増上寺蔵)は震災直後に開かれた展覧会で披露され、大きな話題を呼びました(当時の取材レポートはこちら)。

異様な表情の羅漢が並ぶ、村上版の《五百羅漢図》。死や限界をテーマに宗教的な領域まで踏み込みながら、味付はあくまでも村上流。厳粛さと微笑ましさが同居したような、不思議な主張が迫ってきます。


村上隆《五百羅漢図》 2012年

制作工房の機能も持つ、有限会社カイカイキキの代表でもある村上さん。20年以上前から、工房制で作品を制作しています。

《五百羅漢図》は、そのスタイルの集大成ともいえる作品です。日本中の美術大学からスタッフを集め、200人以上が参加する事によって、この大作を一気に完成させました(約10年かけてコツコツと制作し、96幅まで描いた所で亡くなった狩野一信とは対照的です)。

本展では、その創作プロセスの一端も紹介されています。資料、スケッチ、下図、そしてスタッフへの檄も記された指示書など、一般的な美術展ではお目にかかる事があり得ない品々。アシスタントとのコラボレーションを重視し、絵が上手いスタッフだけでなく「奇妙な線を引くアシスタントを重用する」という村上スタイルの秘密に迫る事ができるこのコーナーは、ある意味、本展の一番の見せ場ともいえるかもしれません。


《五百羅漢図》の創作プロセスを紹介

会場では前述の狩野一信による《五百羅漢図》と、長沢芦雪の《方寸五百羅漢図》も展示(会期中展示替えあり)。江戸時代の絵師による作品と村上隆さんの作品を比較して見せる試みもユニークです。

写真撮影はもちろん、動画の撮影も可能という太っ腹の展覧会(動画は携帯およびスマートフォンのみ。いずれも三脚とフラッシュは使用できません)。ぜひSNS等で、村上隆ワールドを拡散してください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年10月30日 ]

©Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

村上隆の五百羅漢図展村上隆の五百羅漢図展

森美術館 (編集))

平凡社
¥ 3,672

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■村上隆の五百羅漢図展 に関するツイート


 
会場森美術館
開催期間2015年10月31日(土)~2016年3月6日(日)
所在地 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.mori.art.museum
展覧会詳細へ 村上隆の五百羅漢図展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社