インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  PARIS オートクチュール ─ 世界に一つだけの服

PARIS オートクチュール ─ 世界に一つだけの服

■女子なら誰でもうっとり
【会期終了】 19世紀のパリで誕生したオートクチュール。洗練されたデザインと職人の高度な技術に支えられ、時代を象徴するファッションを生み出していきました。フランスからドレスを中心に小物、デザイン画、写真など約130点が来日、会場は三菱一号館美術館です。
日本語では「高級婦人仕立服(業)」と訳されるオートクチュール。あまり知られていませんが、オートクチュールはフランス国内の制度です。パリ・クチュール組合は「アトリエには最低20人の従業員」「一回のコレクションで最低75点提示」などのルールを定めており、これを満たさないとオートクチュールを名乗る事は許されません。

オートクチュールの基礎を作ったのは、イギリス生まれのシャルル=フレデリック・ウォルト(1825-1895)。パリに渡ったウォルトは1885年に女性向け既製服の店を開店。季節ごとに新作コレクションを発表、今でいうファッションモデルを起用して顧客の前で披露する、など現在につながるスタイルを生み出しました。


1~2章

展覧会にはパリ・モードの殿堂であるガリエラ宮パリ市立モード美術館が所蔵する作品から、選ばれた逸品が来日。布の保存には神経をつかう事もあり、これほど大規模なオートクチュール展の開催は極めて異例です。

一番大きな展示室で展示されている「第3章 贅沢なエレガンス」は、三菱一号館美術館としては珍しく撮影可能(フラッシュ、三脚、セルフィースティックの利用は不可)。30年代を紹介するこの章では、狂乱の時代を経て再び丈が長くなったドレスなどが紹介されています。


3章

会場構成はほぼ時代順。オートクチュールの誕生から現在までを通史で辿ります。

戦争によって物資が不足した40年代には、オートクチュールにも関わらず安価な素材も利用。50年代にはクリスチャン・ディオールが様々なラインのドレスを発表し、一斉を風靡しました。また、この時代はファッション写真も隆盛、ヴォーグ誌などを通じモードを牽引していきます。

60年代に入るとクレージュやウンガロなど、新しい世代のクチュリエ(オートクチュールのデザイナー)が活躍を始めますが、ファッションを取り巻く環境は大きく変容。モードの中心は徐々にプレタポルテ(高級既製服)に移っていく事となります。


4~7章

オートクチュールのメゾン(店)は、1940年代には100以上ありましたが、現在は僅か14。ピンクの羽毛が舞う美しいドレスは、バレンシアガが最後のショー(1967年)で発表した作品。ティオールとともに戦後のパリ・モードを牽引したバレンシアガの撤退は、象徴的な出来事でもありました。

ちょっと面白いのが、一番最後の小さな展示室で紹介されている写真。写真家のフランソワ・コラールが、クチュリエや職人の手をアップで撮影しました。とても華やかなオートクチュールの世界ですが、支えているのは職人たちによる最高峰の技術です。


8章

展覧会は2013年にパリ市庁舎の聖ヨハネ・ホールで開催された「パリ・オートクチュール」展を日本向けに再構成したもの。前述のように極めて痛みやすい作品もあり、最後にご紹介したバレンシアガのピンクのドレスなどは、おそらく二度と海外への出品は適わないと言われています。

女子なら誰でもため息が出る事も違いなしの、うっとりするようなオートクチュールの世界。三菱一号館美術館の雰囲気にもピッタリあっています。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年3月3日 ]

オートクチュール: パリ・モードの歴史オートクチュール: パリ・モードの歴史

フランソワ=マリー グロー (著), 鈴木 桜子 (監修), 中川 髙行 (翻訳), 柳嶋 周 (翻訳)

白水社
¥ 1,296

料金一般当日:1,700
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■三菱一号館美術館 オートクチュール に関するツイート


 
会場三菱一号館美術館
開催期間2016年3月4日(金)~5月22日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://mimt.jp/paris-hc/
展覧会詳細へ PARIS オートクチュール ─ 世界に一つだけの服 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社