インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  花魁ファッション

花魁ファッション

■肉筆美人画にうっとり
【会期終了】 豪華な髪形に贅沢な衣裳。花魁(おいらん)は、最新モードをまとった、江戸のファッションリーダーでした。庶民も憧れた花魁の姿は、浮世絵に繰り返し描かれています。花魁の艶やかな装いや、日常のひとこまを捉えた浮世絵を紹介する展覧会が、太田記念美術館で開催中です。
吉原における遊女の頂点、花魁。美貌はもちろん、著名人と互角に渡り合える知識を持ち、芸事も超一流。夜の商売でありながら、一般人も憧れたその存在は、現代の職業に置き換える事はなかなか困難です。

花魁の浮世絵を紹介する本展、展示室に入ると、いつもより肉筆画が目立ちます。そもそも、風俗画から美人を抜き出すように成立していった浮世絵。美人画は浮世絵のルーツのひとつといえる存在です。

1章「美を競う ─ ゴージャスな花魁ファッション」。花魁の花魁たるゆえんは、やはり、美しくある事。着飾る事は、とても大切でした。多くの簪(かんざし)、前で結ぶ帯と、吉原の長い歴史の中で、独特の美意識が育っていきました。

2章「美を競う ─ 美の歴史」。前述したように、浮世絵創成期からある美人画。菱川師宣の時代から明治半ばまで、約200年描かれた遊女。ファッションも大きく変わりました。

3章「年中行事」。7月の「玉菊燈籠」、8月の「俄(にわか)」など、吉原では年中行事が盛んです。多くの行事は「紋日(もんび)」と重なりますが、この日は揚代金が、ふだんの2倍。客がつかない遊女は、自分で払わなければいけない決まりです。こういう日にわざわざ行くのが“粋”、という事。ポイント2倍の日を選んで買い物をする自分とは大違いです。



4章「吉原24時」。遊女の仕事は、もちろん夜がメイン。最も忙しいのは18時頃から0時頃までの「夜見世」ですが、「昼見世」(14時頃~16時頃)も営業しています。いずれにしても、一般の人とは一日の過ごし方が違います。

5章「さまざまな遊里」。幕府公認の遊郭は吉原のみですが、非公認の遊里もあり、岡場所と呼ばれました。岡場所の中では、品川はランクが高いほうで、深川はもっと庶民的です。

6章「物語のなかの花魁」。一休と師弟関係になった地獄太夫、仙台藩主の意に沿わなかったため惨殺された二代目高尾(高尾太夫)など、伝説上の遊女は、浮世絵でも数多く表現されました。現代でも花魁や遊女は、しばしば映画や漫画の題材になっています。

会場2階では、花魁のファッションの変遷(髪形と衣裳)と、遊女のランクについてもパネルで解説。遊女のランクは時代によって変わり、以前の最上位は「太夫」、後に「呼び出し昼三(ちゅうさん)」が最上位になります。では花魁は? というと、実は花魁はランクの名前ではなく、あくまでも上位の遊女に対する通称です。

前期展は11月25日(日)まで、後期展は11月30日(金)~12月20日(木)。前後期で全ての作品が展示替えされます。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年11月1日 ]


 
会場太田記念美術館
開催期間2018年11月2日(金)~12月20日(木)
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
展覧会詳細へ 花魁ファッション 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
日本科学未来館「企画展「工事中!」~立ち入り禁止!?重機の現場~」'
工事中!
東京都美術館「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」
奇想の系譜展
東京ステーションギャラリー「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」'
アルヴァ・アアルト
国立西洋美術館「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ
ル・コルビュジエ
神奈川県立歴史博物館「屏風をひらけば」
屏風をひらけば
そごう美術館「高野山金剛峯寺襖絵完成記念 千住博展 日本の美を極め、世界の美を拓く」'
千住博展
埼玉県立近代美術館「インポッシブル・アーキテクチャー」
インポッシブル
東京国立博物館「特別展 御即位30年記念 両陛下と文化交流 ― 日本美を伝える ―」
両陛下と文化交流
森美術館「六本木クロッシング2019展:つないでみる」
六本木クロッシング
根津美術館「ほとけをめぐる花の美術」
ほとけをめぐる
出光美術館「染付 ― 世界に花咲く青のうつわ」
染付
太田記念美術館「小原古邨」
小原古邨
世田谷文学館「ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)」
ヒグチユウコ展
Bunkamura ザ・ミュージアム「クマのプーさん展」
クマのプーさん展
東京都庭園美術館「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」'
岡上淑子
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
河鍋暁斎
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
横浜美術館「イサム・ノグチと長谷川三郎―変わるものと変わらざるもの」
ノグチと長谷川三郎
アーツ前橋「闇に刻む光 アジアの木版画運動 1930s-2010s」
闇に刻む光
静岡市美術館「起点としての80年代」
起点としての80年代
大阪市立美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
国立国際美術館「クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime」
[エリアレポート]
ボルタンスキー展
練馬区立美術館「ラリック・エレガンス 宝飾とガラスのモダニティ-ユニマットコレクション-」
[エリアレポート]
ラリックエレガンス
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
「不思議の国のアリス展」神戸展 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然 フェルメール展 特別展 御即位30年記念 両陛下と文化交流 ― 日本美を伝える ―
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ラファエル前派の軌跡 展 ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー 福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社