インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展

乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展

■トップアイドルを支えるクリエイティビティ
ソニー・ミュージックエンタテインメントによる期間限定のミュージアムが六本木に登場。第1弾の企画展は、乃木坂46の膨大なアートワークを「だいたいぜんぶ」ご紹介します。
2018年9月に閉館した「スヌーピーミュージアム」の跡地にオープンした「ソニーミュージック六本木ミュージアム」。ソニー・ミュージックエンタテインメントのコンテンツを用いて、新たな楽しみ方を提案する場所として設けられました。

第1弾となる企画展は「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」。2012年にデビューした乃木坂46の、ジャケット写真をはじめ、衣装やアイデアスケッチなどアートワークを紹介する企画展です。

展覧会に際して、乃木坂46のアートワークの制作過程を徹底的にリサーチ。9万点超のアートワークや資料を可能な限り展示するため、会場内には「秘密の倉庫」が設けられ、来場者は倉庫内を歩きながら展示物を見てまわる構成です。

乃木坂46に限りませんが、イメージ戦略が極めて重要視される芸能界。展覧会ではCDジャケットのアザーカット、ミュージックビデオの絵コンテや台本など、制作の裏側にあたる資料が多数展示されています。乃木坂46をアイドルとしてどう見せていくか、製作側の意図をリアルに感じる事ができます。

特に目を引くのが衣装。上品なイメージを発信してきた乃木坂46にとって、衣装が果たしてきた役割は絶大です。展覧会では約250点の衣装を一挙に公開。特製のトルソーでは、真夏の全国ツアー2018年の衣装などが展示されています。

この手の展覧会では定番ですが、オリジナルグッズも多数展開。ロゴ入りのダンボールがそのままグッズになっているほか、展覧会ロゴを用いたバッグやTシャツ、さらに展示されている乃木坂46のCDジャケットからイメージされた商品シリーズなどなど。売り切れ必須です。

会場内にはカフェ「坂CAFÉ」もオープン。乃木坂46の楽曲やメンバーにちなんだメニューで『「ロマンティックいか焼き」フードプレート』『別れ際、もっと好きになる オムさんカレーフードプレート』など、楽しい食事が用意されています。

トップアイドルを支えるクリエイターの仕事に接する事ができる展覧会。乃木坂46のファンはもちろんですが、デザインや映像分野に興味がある方にとっても、刺激になる展覧会です。

展覧会は日時指定の前売制(10:00~11:30、12:00~13:30、14:00~15:30、16:00~17:30、18:00~19:30)。入れ替え制ではないので、時間内に入館すれば滞在時間の制限はありません。当日券は前売券の販売状況に余裕がある場合のみの販売となります。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年1月10日 ]

乃木坂46写真集 乃木撮 VOL.01乃木坂46写真集 乃木撮 VOL.01

乃木坂46 (著)

講談社
¥ 1,944

 
会場ソニーミュージック六本木ミュージアム
開催期間2019年1月11日(金)~5月12日(日)
所在地 東京都港区六本木5-6-20
TEL : 03-6328-3005
HP : https://smrm.jp/
展覧会詳細へ 乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
日本科学未来館「企画展「工事中!」~立ち入り禁止!?重機の現場~」'
工事中!
東京都美術館「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」
奇想の系譜展
東京ステーションギャラリー「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」'
アルヴァ・アアルト
国立西洋美術館「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ
ル・コルビュジエ
神奈川県立歴史博物館「屏風をひらけば」
屏風をひらけば
そごう美術館「高野山金剛峯寺襖絵完成記念 千住博展 日本の美を極め、世界の美を拓く」'
千住博展
埼玉県立近代美術館「インポッシブル・アーキテクチャー」
インポッシブル
東京国立博物館「特別展 御即位30年記念 両陛下と文化交流 ― 日本美を伝える ―」
両陛下と文化交流
森美術館「六本木クロッシング2019展:つないでみる」
六本木クロッシング
根津美術館「ほとけをめぐる花の美術」
ほとけをめぐる
出光美術館「染付 ― 世界に花咲く青のうつわ」
染付
太田記念美術館「小原古邨」
小原古邨
世田谷文学館「ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)」
ヒグチユウコ展
Bunkamura ザ・ミュージアム「クマのプーさん展」
クマのプーさん展
東京都庭園美術館「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」'
岡上淑子
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
河鍋暁斎
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
アーツ前橋「闇に刻む光 アジアの木版画運動 1930s-2010s」
闇に刻む光
静岡市美術館「起点としての80年代」
起点としての80年代
細見美術館「石本藤雄展 マリメッコの花から陶の実へ ―琳派との対話―」
[エリアレポート]
石本藤雄展
大阪市立美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
国立国際美術館「クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime」
[エリアレポート]
ボルタンスキー展
練馬区立美術館「ラリック・エレガンス 宝飾とガラスのモダニティ-ユニマットコレクション-」
[エリアレポート]
ラリックエレガンス
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
「不思議の国のアリス展」神戸展 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然 フェルメール展 特別展 御即位30年記念 両陛下と文化交流 ― 日本美を伝える ―
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ラファエル前派の軌跡 展 ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー 福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社