インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展「国宝 一遍聖絵」

特別展「国宝 一遍聖絵」

■前代未聞、全12巻を同時公開
【会期終了】 鎌倉時代中期の僧侶、一遍(いっぺん:1239-89)。「南無阿弥陀仏」と唱える事で誰でも往生を遂げることができると民衆に説き、全国を遊行して布教に励みました。一遍の行状を描写した豪華な絵巻が、国宝《一遍聖絵》(いっぺんひじりえ)。全12巻を同時に公開する、本邦初の試みです。
伊予国で生まれ、摂津の観音堂で亡くなるまで諸国を廻った一遍。《一遍聖絵》はその歩みを全12巻48段にして詞書と絵で表わした絵巻です(ちなみに12と48という数は、阿弥陀如来の十二光仏と四十八の誓願に由来します)。

絵巻が作られたのは、一遍の没後10年にあたる1299年。奥書によると作者は画僧の円伊とされていますが、これほどの長巻なので、円伊による統括のもと、分担執筆または工房制作で作られたと思われます。

描かれたのは700年以上前ですが、大切に守られて来た事もあって、描写は現在でもくっきり。山河の姿を四季の風情も交えて叙情豊かに表現するとともに、人々の衣装や風俗・建物なども実に細かな部分まで描かれているため、美術史的にはもちろん、文化史の上でも極めて重要な資料です。

長いストーリーには、いくつかのポイントがあります。善光寺参り、熊野での託宣、信州で始めた踊り念仏、執権北条時宗による鎌倉入りの拒絶、片瀬浜での踊屋(日本初の劇場)…などなど。各巻の概略は会場でも解説されていますが、より詳しい解説なら図録(2,000円)がお勧め。詞書の釈文と大意はもちろん、コラムも読みごたえがあります。

また会場には、仏画や経典など、聖絵にまつわる資料も同時に展示。より深く《一遍聖絵》の世界をお楽しみいただけます。


会場

遊行寺宝物館での12巻同時公開は、11月16日(月)まで。11月20日(金)からは遊行寺宝物館では1・7・11・12巻を、神奈川県立歴史博物館では11月21日(土)から4・5・6・10巻を、神奈川県立金沢文庫では11月19日(木)2・3・8・9巻が公開されます。

《一遍聖絵》全12巻を同時に一般公開するのは、史上初の試み。一館だけですべて見られるのは恐らく今後も実現しそうにありませんが、三館での展示になると各巻ごとに見られる場面が増えるという事で、こちらもまた魅力的です。

三館を巡って見るのは、諸国を巡った一遍の想いにも寄り添った企画でもあり、かつて分かれた第7巻(国宝)などを展示する連携企画を開催中の東京国立博物館(11月3日~12月13日)も含め、4館共同のスタンプラリーも開催中です。一遍の時代とは違って執権に国入りを阻まれる事もありませんので、ぜひチャレンジしてみてください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年10月19日 ]

一遍 (ビジュアル選書)一遍 (ビジュアル選書)

井上 宏生 (著)

新人物往来社
¥ 1,944


■遊行寺宝物館 一遍聖絵 に関するツイート


 
会場遊行寺宝物館
開催期間2015年10月10日(土)~12月14日(月)
所在地 神奈川県藤沢市西富1-8-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://homepage2.nifty.com/yugyoji-museum/tenran.htm
展覧会詳細へ 特別展「国宝 一遍聖絵」 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
クラシックホテル展
クラシックホテル
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
アーティゾン美術館「「見えてくる光景
アーティゾン
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ ゴッホ展 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵
特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」 開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 SF・冒険・レトロフューチャー 国宝東塔大修理落慶記念 薬師寺展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社