インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  没後150年 歌川国芳展

没後150年 歌川国芳展

■金魚が立つ、猫が踊る。
【会期終了】 幕末の浮世絵師、歌川国芳。没後150年にあたる2011年はさまざまな国芳展が行われましたが、森アーツセンターギャラリーで始まった本展は、没後150年のしめくくりに相応しい大規模なものになりました。
卓越したデッサン力と奇抜な発想の浮世絵で知られる歌川国芳。近年の評価は国内のみならず海外でも高まる一方で、2009年にロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツで開かれた「KUNIYOSHI」展は大きな話題となり、2010年にはニューヨークでも開催されました。


展示会場

本展は「武者絵」「説話」「美人画」「子ども絵」「風景画」「摺物と動物画」「戯画」「風俗・娯楽・情報」「肉筆画・板木・版本ほか」の9部構成。国芳の美人画や風景画にスポットを当てた構成はちょっと珍しいかもしれません。

近年の研究で、国芳の風景画にはオランダの銅版画に倣ったものがあることも分かってきました。好奇心旺盛な国芳の一端が垣間見えるように思われます。


水滸伝を題材にしたすごろく

国芳の国芳たる所以は、何と言っても戯画。半裸の男が集まって男の顔になっている「みかけハこハゐがとんだいゝ人だ」や、集まった動物を影絵にすると全く別の形になった作品など、今回もユーモアあふれる作品がズラリと並びます。

猫の戯画「たとゑ尽の内」三枚組(前期展示)が揃ったのは、本展が初めて。擬人化された金魚の傑作「金魚づくし」は今まで8図が確認されていましたが、この度、イタリアで見つかった9図目「きん魚づくし ぼんぼん」も里帰りし、初公開されます(後期展示)。


展示会場

筆者が興味をひかれたのは、壁に釘で引っ掻いて落書きしたような「『荷宝蔵壁のむだ書』黄腰壁」(前期展示)。ふざけて描いたようなタッチですが、描写は正確。何よりも、国芳が絵を描くのが好きで好きでたまらない、という雰囲気が漂ってきます。

お正月に相応しい、元気が出る楽しい浮世絵。1月17日(火)までの前期と1月19日(木)からの後期で多くの作品が入れ替わりますので、公式サイトでご確認の上お出かけください。※1月18日(水)のみ休館日です
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2011年12月15日 ]
 
会場森アーツセンターギャラリー
開催期間2011年12月17日(土)~2012年2月12日(日)
所在地 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://kuniyoshi.exhn.jp/
展覧会詳細へ 没後150年 歌川国芳展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社