ニュース
    尾形光琳や俵屋宗達、モネやマネ。「琳派と印象派」の名画を紹介 ―― アーティゾン美術館
    (掲載日時:2020年11月13日)


    アーティゾン美術館「琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術」会場

    「都市文化」をキーワードに、東西の美術を紹介していく展覧会がアーティゾン美術館ではじまる。

    17~18世紀、俵屋宗達や尾形光琳らによって京都の町人文化として生まれた琳派は、19世紀初めに酒井抱一や鈴木其一らによって江戸に引き継がれ、都市の美術として発展していった。

    一方、19世紀後半にパリを中心にマネやモネ、ルノワール、セザンヌらによってうまれた印象派。日常的の経験を通して受けた印象や生活の喜びを率直に表現する、新しい近代美術といえる。

    本展では、日本とヨーロッパで生まれた2つの美術を「都市文化」に注目。大都会ならではの洗練された美意識を比較する。

    また、初公開となる尾形光琳の《孔雀立葵図屏風》や、国宝・俵屋宗達の《風神雷神図屏風》も展示。琳派、印象派の両ファンにとっても見逃せない展覧会となっている。

    「琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術」展はアーティゾン美術館で11月14日(土)~2021年1月24日(日)に開催(会期中展示替えあり)。入館料は一般 1,700円(ウェブ予約)。当日チケットは 2,000円など。



    アーティゾン美術館「琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術」会場


    関連サイト:「琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術」公式サイト

    このニュースに関連する展覧会
    36
    アーティゾン美術館 | 東京都
    2020年11月14日(土)〜2021年1月24日(日)
    開催中[あと55日]
    このニュースに関連するミュージアム

    展覧会ランキング
    1
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    開催中[あと48日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月17日(日)
    2
    板橋区立美術館 | 東京都
    だれも知らないレオ・レオーニ展
    開催中[あと42日]
    2020年10月24日(土)〜2021年1月11日(月)
    3
    北海道立近代美術館 | 北海道
    デビュー50周年 諸星大二郎展
    開催中[あと48日]
    2020年11月21日(土)〜2021年1月17日(日)
    4
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催中[あと76日]
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    5
    三井記念美術館 | 東京都
    国宝の名刀「日向正宗」と武将の美
    開催中[あと58日]
    2020年11月21日(土)〜2021年1月27日(水)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    【作品展示・会場設営】美術品オークション会社・アルバイトスタッフ募集!未経験OK [株式会社毎日オークション東京本社]
    東京都
    国立国会図書館国際子ども図書館 展示担当非常勤調査員の募集 []
    東京都
    生命の海科学館 学芸員(会計年度任用職員)募集 [蒲郡市生命の海科学館]
    愛媛県
    [特許庁]【意匠】審査資料調査員 [六本木仮庁舎]
    東京都
    昭和館ではアルバイトを募集します。 [昭和館]
    東京都

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード