ニュース
    新発見の《青楼美人繁昌図》など肉筆浮世絵、約125点を展示 ー すみだ北斎美術館
    (掲載日時:2021年2月8日)

    すみだ北斎美術館「筆魂 線の引力・色の魔力 ー 又兵衛から北斎・国芳まで ー」会場より、《青楼美人繁昌図》
    すみだ北斎美術館「筆魂 線の引力・色の魔力 ー 又兵衛から北斎・国芳まで ー」会場より、《青楼美人繁昌図》


    浮世絵として広く知られる版画ではなく、肉筆浮世絵だけを紹介する展覧会がすみだ北斎美術館で始まる。

    肉筆画の浮世絵は浮世絵版画よりも歴史は古く、複雑で奥深い彩色技法で描かれている事と、版画のように彫師や摺師が制作にかかわらず、絵師だけによって描かれるため、描き手の筆づかいを直接感じることができる。

    展覧会では浮世絵の黎明から繁栄するまでを、3章に分けて紹介。浮世絵の先駆とされる岩佐又兵衛をはじめ、浮世絵の始祖である菱川師宣、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川国芳ら60人の作品が並ぶ。

    また本展では、新発見の《青楼美人繁昌図》を展示。《青楼美人繁昌図》は、葛飾北斎、勝川春好、勝川春英など4名の勝川派絵師たちと歌川豊国が遊郭の女性たちと太鼓持ちを描いたもの。

    他にも、重要文化財や初公開の作品など約40点も展示される。

    「筆魂 線の引力・色の魔力 ー 又兵衛から北斎・国芳まで ー」は2021年2月9日(火)~4月4日(日)、すみだ北斎美術館で開催。入館料は一般 1,200円など。


    すみだ北斎美術館「筆魂 線の引力・色の魔力 ー 又兵衛から北斎・国芳まで ー」会場
    すみだ北斎美術館「筆魂 線の引力・色の魔力 ー 又兵衛から北斎・国芳まで ー」会場

    すみだ北斎美術館「筆魂 線の引力・色の魔力 ー 又兵衛から北斎・国芳まで ー」会場
    すみだ北斎美術館「筆魂 線の引力・色の魔力 ー 又兵衛から北斎・国芳まで ー」会場


    このニュースに関連するミュージアム

    おすすめレポート
    学芸員募集
    泉美術館 学芸員(契約)募集 [公益財団法人 泉美術館]
    広島県
    令和4年度和歌山市職員(学芸員:日本考古学)募集 [文化振興課]
    和歌山県
    清水寺 展覧会運営スタッフ募集! [清水寺]
    京都府
    二条城 展覧会スタッフ募集中! [二条城]
    京都府
    さいたま市任期付き短時間勤務職員(一般行政事務・植物研究分野) [さいたま市教育委員会 文化財保護課]
    埼玉県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催中[あと49日]
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    国立民族学博物館 | 大阪府
    ユニバーサル・ミュージアム ―― さわる!“触”の大博覧会
    もうすぐ終了[あと2日]
    2021年9月2日(木)〜11月30日(火)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催中[あと45日]
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    もうすぐ終了[あと14日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    ハリー・ポッターと魔法の歴史
    開催まであと20日
    2021年12月18日(土)〜2022年3月27日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード