ニュース
    日本の印象派・南薫造、東京初の回顧展 ー 東京ステーションギャラリー
    (掲載日時:2021年2月19日)

    東京ステーションギャラリー「没後70年 南薫造」会場
    東京ステーションギャラリー「没後70年 南薫造」会場

    明治~昭和にかけて活躍した洋画家・南薫造の展覧会が東京ステーションギャラリーで始まる。

    広島で生まれた南薫造は、24歳の時に水彩画を学ぶためイギリスへ留学。繊細な光の描写や巧みな色調を学んだ後、帰国し、留学仲間であった富本憲吉とともに木版画の制作に励み、大正期の創作版画運動の先駆けとなった。

    爽やかな初夏の農村を巧みに表現した《六月の日》をはじめ、日本の印象派と言える柔らかい筆致で油彩画も制作した。

    展覧会では水彩、油彩、木版画など現存する南薫造の代表作を網羅して紹介する。

    南薫造の作品はこれまで郷里である広島以外で紹介される機会は少なく、今回が東京では初めての大規模展となる。

    特別展「没後70年 南薫造」は東京ステーションギャラリーで2021年2月20日(土)~4月11日(日)に開催。入館料は一般 1,100円など。日時指定の事前予約制。


    東京ステーションギャラリー「没後70年 南薫造」会場
    東京ステーションギャラリー「没後70年 南薫造」会場

    このニュースに関連するミュージアム

    おすすめレポート
    学芸員募集
    泉美術館 学芸員(契約)募集 [公益財団法人 泉美術館]
    広島県
    令和4年度和歌山市職員(学芸員:日本考古学)募集 [文化振興課]
    和歌山県
    清水寺 展覧会運営スタッフ募集! [清水寺]
    京都府
    二条城 展覧会スタッフ募集中! [二条城]
    京都府
    さいたま市任期付き短時間勤務職員(一般行政事務・植物研究分野) [さいたま市教育委員会 文化財保護課]
    埼玉県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催中[あと49日]
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    国立民族学博物館 | 大阪府
    ユニバーサル・ミュージアム ―― さわる!“触”の大博覧会
    もうすぐ終了[あと2日]
    2021年9月2日(木)〜11月30日(火)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催中[あと45日]
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    もうすぐ終了[あと14日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    ハリー・ポッターと魔法の歴史
    開催まであと20日
    2021年12月18日(土)〜2022年3月27日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード