ニュース
    東京都現代美術館で、ふたつの現代アート展 ─ ユージーン・スタジオとクリスチャン・マークレー
    (掲載日時:2021年11月19日)

    東京都現代美術館「ユージーン・スタジオ 新しい海」会場
    東京都現代美術館「ユージーン・スタジオ 新しい海」会場

    東京都現代美術館で2021年11月20日からふたつの展覧会がはじまる。

    「ユージーン・スタジオ 新しい海」は、国際的評価が高まっている新進気鋭の現代アーティスト、EUGENE STUDIO(ユージーン・スタジオ)の国内美術館における初個展。

    平面作品から大型インスタレーション、映像作品、彫刻作品等で構成。代表作〈ホワイトペインティング〉シリーズ(2017年-)や《善悪の荒野》(2017年)から最新作までを一堂に会して紹介する。

    ユージーン・スタジオを主宰する寒川裕人は1989年生で、平成生まれの作家の個展は同館初となる。

    「クリスチャン・マークレー トランスレーティング[翻訳する]」は、アートと音楽の交差点から作品を発表し、革新的な活動を続けてきたクリスチャン・マークレー(1955-)の国内初の大規模展。

    クリスチャン・マークレーは70年代末のニューヨークでターンテーブルを使ったパフォーマンス以来、前衛的な音楽シーンで活躍。これまでにパフォーマンス、コラージュ、インスタレーション、ペインティング、写真、ビデオなど数多くの作品を生み出してきた。

    展覧会では初期作品から大規模なインスタレーション、そして現代社会に蔓延する不安を映し出した最新作まで、多岐にわたる活動の全貌を紹介する。

    両展とも会期は2021年11月20日(土)~2022年2月23日(水・祝)。観覧料は「ユージーン・スタジオ」展は一般1,300円など。「クリスチャン・マークレー」展は一般1,800円など、

    東京都現代美術館「ユージーン・スタジオ 新しい海」会場
    東京都現代美術館「ユージーン・スタジオ 新しい海」会場

    東京都現代美術館「クリスチャン・マークレー トランスレーティング[翻訳する]」会場
    東京都現代美術館「クリスチャン・マークレー トランスレーティング[翻訳する]」会場

    東京都現代美術館「クリスチャン・マークレー トランスレーティング[翻訳する]」会場
    東京都現代美術館「クリスチャン・マークレー トランスレーティング[翻訳する]」会場

    このニュースに関連するミュージアム
    おすすめレポート
    学芸員募集
    東京オペラシティアートギャラリー、事務職員募集中! [東京オペラシティアートギャラリー]
    東京都
    はつかいち美術ギャラリー 学芸員募集中! [はつかいち美術ギャラリー]
    広島県
    愛知・名古屋 戦争に関する資料館 学芸員募集中! [愛知・名古屋 戦争に関する資料館]
    愛知県
    【アルバイト募集|展覧会会場運営】 [グランフロント大阪、大阪府立中之島図書館、THE BOLY OSAKA、船場エクセルビル など 大阪市内の指定された会場]
    大阪府
    【オープニングスタッフ】岐阜市子育て支援施設 運営スタッフ 募集 [岐阜市徹明通2-18(岐阜市柳ケ瀬子育て支援施設(開館予定日:2023年春)),開館前は岐阜駅付近に設置する事務所を想定]
    岐阜県
    展覧会ランキング
    1
    寺田倉庫 B&C HALL・E HALL | 東京都
    BETTY CATROUX - YVES SAINT LAURENT 唯一無二の女性展
    もうすぐ終了[あと9日]
    2022年11月19日(土)〜12月11日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと79日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    3
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと16日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    4
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    開催中[あと65日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
    開催中[あと51日]
    2022年10月8日(土)〜2023年1月22日(日)