ニュース
    漫画家・東村アキコによる現代アート作品展 ─ 「NEO美人画 2022」
    (掲載日時:2022年11月22日)

    スパイラルガーデン「東村アキコ NFT『NEO美人画 2022』展」会場
    スパイラルガーデン「東村アキコ NFT『NEO美人画 2022』展」会場

    『東京タラレバ娘』 『海月姫』などで知られる漫画家・東村アキコ氏による現代アート作品展が東京で始まる。

    作品は 「NEO美人画 2022」と題する20点の作品群。コロナ禍をきっかけに、 現代の「日本の美」を着物であらわす作品シリーズとして制作され、着物の柄から広がる物語世界を紹介する文章も、東村氏本人が執筆している。

    東村氏は金沢美術工芸大学美術科油画専攻を卒業しており、長年ファインアートへの想いを心に秘めていたが、今回が初の現代アート作品となる。

    作品は今後5年間にわたり、毎年20点のNFT作品として制作。NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」で販売される。

    会場で展示されているのは、NFT作品を出力した「NEO 美人画 2022」。NFT作品は各10点販売され、うち1点目はオークション形式で販売され、落札者は本展で展示されている直筆サイン入りの現物が、後日、送られる。

    「東村アキコ NFT『NEO美人画 2022』展」は2022年11月22日(木)〜11月27日(日)、東京・南青山のスパイラルガーデンで開催。入場無料。

    → https://www.spiral.co.jp/topics/spiral-garden/higashimura-akiko-nft-neo-bijinga-2022


    スパイラルガーデン「東村アキコ NFT『NEO美人画 2022』展」会場
    スパイラルガーデン「東村アキコ NFT『NEO美人画 2022』展」会場

    スパイラルガーデン「東村アキコ NFT『NEO美人画 2022』展」会場
    スパイラルガーデン「東村アキコ NFT『NEO美人画 2022』展」会場

    このニュースに関連するミュージアム
    5
    おすすめレポート
    学芸員募集
    丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
    埼玉県
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    国立歴史民俗博物館の”技術補佐員”募集中 [国立歴史民俗博物館]
    千葉県
    米子市美術館 学芸補助員(嘱託職員)募集 [米子市美術館]
    鳥取県
    【パート】中野区立歴史民俗資料館 運営業務補助スタッフ 募集! [【中野区立歴史民俗資料館】中野区江古田四丁目3番4号]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと36日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと36日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    3
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
    もうすぐ終了[あと8日]
    2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
    4
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと8日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    5
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと8日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)