IM
    レポート
    印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション
    Bunkamura ザ・ミュージアム | 東京都
    英国海運王・バレルのコレクション、奇跡の来日
    産業革命期に、英国随一の海港都市として栄えたグラスゴー出身の海運王ウィリアム・バレル(1861-1958)。本国でしか見ることができなかったバレル・コレクションが、奇跡の来日を果たし、日本5都市を巡回しています。3会場目は、東京・渋谷区のBunkamura ザ・ミュージアムです。
    展覧会に姿を見せた、熊川哲也さん(Bunkamura オーチャードホール芸術監督)と、エドガー・ドガ《リハーサル》1874年頃
    (手前から)テオデュール・リボー《勉強熱心な使用人》1871年頃 / テオデュール・リボ-《会計士》1878年頃
    (左から)ルイ=ギュスターヴ・リカール《静物―洋ナシと皿》 / フランソワ・ボンヴァン《コップ、洋ナシ、ナイフのある静物》1884年
    (左から)アドルフ・モンティセリ《初めてのブドウの収穫》1868年頃 / アドルフ・モンティセリ《庭で遊ぶ子どもたち》1867年頃
    (左から)ジャン=フランソワ・ミレー《干し草を刈る人》1852年頃 / ジャン=フランソワ・ミレー《羊毛をすく人》1848年頃
    (左奥から)シャルル=フランソワ・ドービニー《ガイヤール城》1870-74年頃 / ウジェーヌ・ブーダン《トゥーク川の橋のたもとの洗濯女》1883-87年頃
    (左から)ウージェーヌ・ブーダン《トゥルーヴィルの海岸の皇后ウジェニー》1863年 / ギュスターヴ・クルーベ《マドモワゼル・オーブ・ドゥ・ラ・オルド》1865年
    (手前)ウジェーヌ・ブーダン《ドーヴィル、波止場》1891年
    アンリ・ル・シダネル《月明かりの入り江》1928年
    ウィリアム・バレルは、1861年に英国・スコットランドの海港都市・グラスゴーに、9人兄弟の三男として生まれました。15歳で家業の艤装(ぎそう)業を手伝い始め、24歳で父の後を継ぎました。その後、船舶の売買で大成功し「海運王」と称されました。

    バレルは1890年代から1920年代にかけて、同郷の画商、アレクサンダー・リードから作品を購入。古今東西の美術工芸品を収集しました。

    1944年、バレルはコレクションのうち数千点以上をグラスゴー市へ寄贈しました。寄贈の条件は、当時深刻な社会問題であった大気汚染の影響が少ない郊外にコレクションを展示すること、英国外には貸し出さないことでした。

    寄贈条件により、国外への貸し出しが禁止されていたバレル・コレクション。国外への貸し出しを可能にしたのは、2014年に英国女王の裁可を得た遺産条項の改訂です。これにより、バレル・コレクションが国外で見られるようになりました。

    本展では、バレル・コレクションの中でも有名なエドガー・ドガの《リハーサル》を中心に、3章に分けて紹介。人物や花などの静物画、郊外で働く人々を描いた作品、そして海景画が展示されます。


    会場風景・マテイス・マリス《蝶》1874年

    バレエを主題とした作品を多く描いた、エドガー・ドガ。《リハーサル》は、2016年にオーストラリアで開催され、世界70以上の美術館から出品された大回顧展の図録の表紙を飾った作品です。若いダンサーたちを大胆な構図で描いた、門外不出の傑作です。

    《蝶》を描いたマテイス・マリスは、ハーグ派の画家です。特に褐色を多用することから、褐色の画家とも言われています。

    地味な色で写実的な絵を描いていたマリス。1869年にパリへ移ると褐色への偏愛は保ちつつ、主題によって華やかな色を大胆に扱うようになりました。その趣向は1877年以降のロンドン時代初期まで続きます。

    《蝶》はパリ時代の典型的な作品。花に囲まれ、髪を波打たせた仰向きの乙女像は、ラファエル前派のミレイの《オフィーリア》を連想させます。背景の幽玄な色調は、場所によっては11層の絵具を塗り重ねられて描かれています。

    貴重なバレル・コレクションが日本で観覧できるチャンス。2018年から日本の各都市を巡回しており、東京展の後は静岡・広島で開催されます。巡回先の詳しい会期と会場は、こちらをご覧ください。

    [ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2019年4月26日 ]

    大人が観たい美術展 2019大人が観たい美術展 2019

    時空旅人(編)

    三栄書房
    ¥ 907

    料金一般当日:1,500円
     → チケットのお求めはお出かけ前にicon

     
    会場
    Bunkamura ザ・ミュージアム
    会期
    2019年4月27日(土)~6月30日(日)
    開館時間
    10:00~18:00(毎週金・土曜日は21:00迄) ※入館は各閉館の30分前まで
    展覧会により異なる
    住所 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/19_burrell/
    料金
    一般 1,500(1,300)円 / 大学・高校生 1,000(800)円 / 中学・小学生 700(500)円

    ※( )内は前売券および20名以上の団体料金
    ※前売券販売期間は4月26日(金)まで

    【早割チケット】
    1枚1,000円(一般のみ / 税込)
    販売期間:2019年2月8日(金)まで
    販売所:オンラインチケット MY Bunkamura、Bunkamura ザ・ミュージアム、Bunkamura チケットセンターにて販売
    展示会詳細 印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション 詳細情報
    展覧会ランキング
    安城市歴史博物館 | 愛知県
    終戦75周年記念特別展「戦争に行くということ」
    開催まであと12日
    2020年7月18日(土)〜9月13日(日)
    北一ヴェネツィア美術館 | 北海道
    ヴィットリオ・コスタンティーニの世界
    開催中[あと63日]
    2020年6月20日(土)〜9月7日(月)
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催まであと131日
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー | 東京都
    連載完結記念 約束のネバーランド展
    開催まであと158日
    2020年12月11日(金)〜2021年1月11日(月)
    大府市歴史民俗資料館 | 愛知県
    企画展【紙芝居でめぐるおおぶの民話】
    開催中[あと90日]
    2020年6月20日(土)〜10月4日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    東京都写真美術館 | 東京都
    森山大道の東京 ongoing
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    IM レポート
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    神田日勝 大地への筆触
    学芸員募集
    石川県教育委員会事務局職員(埋蔵文化財専門調査員)募集(R3.4採用) [文化財課、金沢城調査研究所、石川県埋蔵文化財センターなど]
    石川県
    飯能市職員採用試験(学芸員(民俗))のお知らせ [飯能市立博物館]
    埼玉県
    任期付き学芸員募集 [秋田県立美術館]
    秋田県
    兵庫県立美術館西宮分館会計年度任用職員(県政推進員) [兵庫県立美術館]
    兵庫県
    子供向け体験型施設のマネージャー・ディレクター募集(株式会社 丹青社) [横浜市みなとみらい地区]
    神奈川県