IM
    レポート
    ブダペスト ― ヨーロッパとハンガリーの美術400年
    国立新美術館 | 東京都
    美しき「ハンガリーのモナ・リザ」
    【当面の間、臨時休館】日本とハンガリー(当時はオーストリア=ハンガリーニ重帝国)が外交関係を樹立してから、今年でちょうど150年。ブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリーから、四半世紀ぶりに名品が来日しました。
    シニェイ・メルシェ・パール《紫のドレスの婦人》1874年 ブダペスト、ハンガリー・ナショナル・ギャラリー
    (左手前)ルカス・クラーナハ(父)《不釣り合いなカップル 老人と若い女》1522年 ブダペスト国立西洋美術館
    (左から)ボニファーチョ・ヴェロネーゼと工房《春》1530年代/1550年代初頭 ブダペスト国立西洋美術館 / ボニファーチョ・ヴェロネーゼと工房《秋》1530年代/1550年代初頭 ブダペスト国立西洋美術館
    エル・グレコ《聖小ヤコブ(男性の頭部の習作)》1600年頃 ブダペスト国立西洋美術館
    (右手前)シュミッディ・ダーニエル《女男爵ハッレル・エルジェーベトの肖像》1755-1756年頃 ブダペスト、ハンガリー・ナショナル・ギャラリー
    (右手前)フランツ・クサーヴァー・メッサーシュミット《性格表現の頭像 あくびをする人》1777-1781年 ブダペスト国立西洋美術館
    (右手前)マルコー・カーロイ(父)《漁師たち》1851年 ブダペスト、ハンガリー・ナショナル・ギャラリー
    (右手前)ジュール・ジョゼフ・ルフェーヴル《オンディーヌ》1881年 ブダペスト国立西洋美術館
    (左手前)ヴァサリ・ヤーノシュ《黄金時代》1898年 ブダペスト、ハンガリー・ナショナル・ギャラリー

    中央ヨーロッパの内陸国、ハンガリー。首都ブダペストは「ドナウの真珠」と称えられる美しい都市です。ハンガリー・ナショナル・ギャラリーは西岸のブダに、ブダペスト国立西洋美術館は東岸のペストに位置します。


    展覧会は大きく「ルネサンスから18世紀まで」「19世紀・20世紀初頭」の2部構成。さらにそれぞれが小章に分かれ、計15のコーナーで130点が展示されています。ここでは注目の作品を何点か、ご紹介しましょう。


    《不釣り合いなカップル 老人と若い女》(1522年)は、ドイツ・ルネサンスを代表する画家、ルカス・クラーナハ(父)の作品。老いた男は若い女性を求め、女性は男の財布に手を伸ばす。どっちもどっち、と言ったところです。クラーナハ(父)は教訓的なこの画題を、数多く描いています。


    ギリシャに生まれ、スペインで活躍したマニエリスムの巨匠、エル・グレコ。《聖小ヤコブ(男性の頭部の習作)》(1600年頃)はキリストの十二使徒を描いた12点組の連作(オビエド、アストゥリアス美術館)の習作です。細部の見事な描写から、以前は画家の自画像とみなされていたこともありました。



    本展メインビジュアルが、シニェイ・メルシェ・パール《紫のドレスの婦人》(1874年)。モデルは、シニェイ・メルシェ(ハンガリー語の名前は姓・名の順です)の妻で、「ハンガリーのモナ・リザ」とも称される美しい作品です。


    「野外で余暇を楽しむ、着飾った都会の男女」は、この時代を席巻した印象派の画家たちもしばしば描いていますが、シニェイ・メルシェはパリに行った事がありません。遠く離れた地で、同じような目線を持っていた事になります。


    ヴァサリ・ヤーノシュは、ハンガリー世紀末美術の画家。《黄金時代》(1898年)は、額の装飾文様も画家によるデザインです。この作品は1898年にハンガリー国民美術協会の最高賞に。そして1900年のパリ万国博覧会では、銅メダルを受賞しました。


    一番最後の展示室ですが、見逃せないのがクルト・シュヴィッタース《メルツ(ボルトニクのために)》(1922年)。制作中のコラージュから偶然読み取れたMerz(メルツ)を芸術活動のテーマにした作家です。メルツ絵画、メルツ建築、メルツ詩、雑誌『メルツ』の発行まで、一貫して「メルツ芸術」と称する前衛的な芸術活動を実践しました。


    出展されている130点を選ぶにあたり、ハンガリー人になったつもりで見てもらえる作品をピックアップした、との事でした。巡回はせずに、国立新美術館だけでの開催です。


    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年12月3日 ]


    国立新美術館を遊びつくす 国立新美術館を遊びつくす 

    セブン&アイ出版 (著)

    セブン&アイ出版 
    ¥ 858

    会場
    会期
    2019年12月4日(水)~2020年3月29日(日)※会期延長
    会期終了
    開館時間
    <企画展>
    10:00~18:00
    ※当面の間、夜間開館は行いません。
    ※入場は閉館の30分前まで
    <公募展>
    10:00~18:00
    ※美術団体によって、異なる場合があります。
    ※入場は閉館の30分前まで
    休館日
    火曜日(ただし、2月11日は開館)2019年12月24日~2020年1月7日、2月12日
    住所
    東京都港区六本木7-22-2
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://budapest.exhn.jp
    展覧会詳細 ブダペスト ― ヨーロッパとハンガリーの美術400年 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    しょうけい館(戦傷病者史料館) 学芸スタッフの募集 [しょうけい館(戦傷病者史料館)]
    東京都
    国立美術館本部事務局情報企画室 情報研究補佐員(情報システム管理担当)公募 [国立美術館本部 (東京都千代田区北の丸公園3-1)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと83日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと71日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと71日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと14日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    5
    お札と切手の博物館 | 東京都
    お札を創る工芸官の伝統技
    もうすぐ終了[あと1日]
    2024年6月11日(火)〜7月15日(月)