IM
    レポート
    館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技
    東京都現代美術館 | 東京都
    特撮に捧げる熱い情熱
    ゴジラ、モスラ、そしてウルトラシリーズ。円谷英二を頂点として隆盛を極めた日本の「特撮」は、デジタル技術の発達とともに危機を迎えています。特撮文化を後世に残すべく、「エヴァンゲリオン」シリーズの監督・庵野秀明さんを「館長」に迎えた企画展が、東京都現代美術館で開催中です。
    「巨神兵像」竹谷隆之作 ©2012 二馬力・G
    ジェットビートル、マットアロー1号・2号、スカイハイアー…ウルトラシリーズの戦闘機たち
    ジャンボーグA、ファイヤーマン、ライオン丸など
    ガメラスーツ ©1995 角川映画 NH ©1996 角川映画 NHFN ©1999 角川映画 TNHN
    破壊された国会議事堂
    この奥で短編映画「巨神兵東京に現わる」が上映されています
    特撮のミニチュアステージは、来館者の撮影も可能です
    「巨神兵東京に現わる」の撮影が体験できるセット。こちらも撮影可能
    グッズも多彩です

    特撮を見て育った世代といえる庵野秀明さん(1960年生)。映像クリエイターとして活躍している原点には、幼少の頃から親しんだ特撮も大きく影響していますが、残念ながら日本の特撮美術は大きな岐路に立たされています。


    ミニチュアや着ぐるみ使った撮影はCGで作った映像に置き換えられ、かつて使われたミニチュアも次々に廃棄されているのです。


    冒頭は「海底軍艦」や「宇宙大戦争」などの映画の資料から


    特撮映像の面白さを伝え、遺し、未来に繋げたい。庵野さんの願いが形になったのがこの企画展です。副館長も「マニアあがり」ほ自負する特撮監督の樋口真嗣さん(1965年生)。会場には映画・TVで活躍したミニチュアやデザイン画などが一堂に集まりました。


    展示物はデザイン画、映画ポスター、図面、マスク、着ぐるみ、建物のミニチュア、戦闘機や武器など。破損していたミニチュア類は、当時の図面や写真をベースにし、可能な限り当時と同じ作り方で修復されました。考古資料の展示と同様の熱い情熱が、特撮の資料に注がれています。


    ウルトラシリーズの戦闘機など ©円谷プロ


    過去を懐かしむだけではありません。この展覧会のために特撮映画を新たに制作し、その特撮手法を紹介するという大きな仕掛けもあります。


    つくられた映画は「巨神兵東京に現わる」、宮崎駿さんの「風の谷のナウシカ」に登場する巨神兵が題材です。庵野秀明さんが企画し、樋口真嗣さんが監督しました。


    映画は9分強の短編ですが、「昭和平成の時代に培われてきた往年の特撮技術と最新の技術を組み合わせた“大スペクタクル特撮映画”」(図録から)という大迫力。巨神兵が東京を火の海にしていきます。


    「巨神兵像」竹谷隆之作 ©2012 二馬力・G


    会場の最後も驚きの構成。約16メートル四方のサイズで、ミニチュアのステージが展示されています。路上には戦車、奥には折れ曲がった東京タワー。今にも怪獣が登場しそうな街が足元に広がります。


    そして嬉しいことに、ミニチュアステージは撮影可能。ぜひカメラ持参で来館して、特撮の世界を垣間見てください。


    細部まで忠実に再現されたミニチュアステージ


    「巨神兵東京に現わる」のメイキング映像も紹介されていましたが、印象的なのは樋口さんをはじめとするスタッフの笑顔です。


    風船に粘液を入れて爆発させた、ビルの溶解シーン。爆風での崩壊は「伊原さんコナゴナ方式」と「テンパーガラス方式」を両方を採用。シーンを撮り終えた後の歓声と満面の笑顔は、見ていて羨ましく感じられるほどでした。


    庵野さんも樋口さんも「来館した人が“自分もやりたい”と思わせたい」と語ります。「MOT(東京都現代美術館)で見た“特撮博”がきっかけでこの世界に入りました」というクリエイターが現れる日を、心待ちにしたいと思います。(取材:2012年7月9日)


    ヱヴァンゲリヲン新劇場版 : 序 全記録全集

    庵野秀明 (著)

    日本出版貿易
     

    料金一般当日:1,400円
     → チケットのお求めはお出かけ前にicon


    会場
    会期
    2012年7月10日(火)~10月8日(月・祝)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
    休館日
    月曜日 (ただし、7月16日、8月13日・20日、9月17日・24日、10月1日・8日は開館。7月17日、9月18日は休館。)
    住所
    東京都江東区三好4-1-1
    電話 03-5245-4111(代)
    公式サイト http://www.ntv.co.jp/tokusatsu/
    料金
    【当日券】
    大人・大学生 1,400円/中高生 900円/小学生 400円
    【前売り/団体券】
    大人・大学生 1300円/中高生 800円/小学生 400円
    ※小学生未満無料
    ※団体料金は20名以上で適用
    ※本展チケットで「MOTコレクション」(常設展)もご覧頂けます。
    ※詳細はホームページをご覧ください。
    展覧会詳細 館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技 詳細情報

    おすすめレポート
    学芸員募集
    日本博物館協会 学芸員募集中! [日本博物館協会]
    東京都
    山形大学附属博物館事務補佐員(学芸員)募集 [山形大学附属博物館]
    山形県
    野田宇太郎文学資料館専門員(パートタイム会計年度任用職員)募集 [野田宇太郎文学資料館]
    福岡県
    外務省外交史料館 非常勤職員募集(史料補修員) [外務省外交史料館]
    東京都
    奈良文化財研究所 展示企画室アソシエイトフェロー 募集 [奈良文化財研究所]
    奈良県
    展覧会ランキング
    1
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展 ポンペイ
    開催中[あと70日]
    2022年1月14日(金)〜4月3日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    【開幕日延期】ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展
    開催中[あと70日]
    2022年1月22日(土)〜4月3日(日)
    3
    ビッグパレットふくしま(福島県産業交流館) | 福島県
    WHO IS BANKSY? バンクシーってだれ?展
    開催まであと157日
    2022年6月29日(水)〜8月24日(水)
    4
    京都市京セラ美術館 | 京都府
    特別展 ポンペイ
    開催まであと88日
    2022年4月21日(木)〜7月3日(日)
    5
    東京国立近代美術館 | 東京都
    柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」
    開催中[あと21日]
    2021年10月26日(火)〜2022年2月13日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード