IM
    レポート
    LOVE展:アートにみる愛のかたち
    森美術館 | 東京都
    ロダンも春画もボーカロイドも。さまざまな愛の形
    これも愛、あれも愛…10周年を迎えた森美術館で、愛にあふれた記念の展覧会がはじまりました。
    初音ミク
    ジェフ・クーンズ《聖なるハート》1994-2007
    オーギュスト・ロダン《接吻》1882-0887
    「江戸の若衆文化」には、春画が並びます
    岡本太郎《痛ましき腕》1936/1949(右)の奥のビデオ作品は、TANY《昔の男に捧げる》2002年。実生活に基づいたフィクションで、元恋人だったアーティストの会田誠が女(TANY)に無抵抗のまま殴られ続ける。BGMには五輪真弓「恋人よ」が流れる
    右は、ローリー・シモンズによるラブ・ドールを写した写真の連作「ラブ・ドール」シリーズ(2009年-)
    森淳一《coma》2004年 長崎の島原の海に生息する石灰藻で象った聖母マリア像
    浅田政志のシリーズ「浅田家」(2004年-)は、浅田と彼の両親、兄でさまざまな職業を設定し、セルフタイマーで撮影した作品
    草間彌生《愛が呼んでいる》2013年
    森美術館は2003年10月の開館。オープニング展覧会は「ハピネス:アートにみる幸福への鍵 モネ、若冲、そしてジェフ・クーンズへ」で、テーマは「幸福」でした。10周年記念の今回は「愛」がテーマです。

    恋愛をはじめ家族愛、人類愛などさまざまな愛のかたちを「愛ってなに?」「恋するふたり」「愛を失うとき」「家族と愛」「広がる愛」の5章で紹介します。出展作品は約200点と、大規模な記念展となりました。

    会場に入るとすぐに目に入る巨大な立体作品は、展覧会メインビジュアルのジェフ・クーンズ《聖なるハート》。ラッピングされたハート形のチョコレートから着想しました。


    第1章「愛ってなに?」

    「恋するふたり」の章に進むと、古典的な名作も紹介されています。

    ブロンズ彫刻は、オーギュスト・ロダンの名作《接吻》。ロダンの弟子&愛人だったカミーユ・クローデルも共同制作しましたが、この後二人は別れ、カミーユは精神を病んでしまいます。

    絵画もルネ・マグリット、フランシス・ピカビア、ジョルジュ・デ・キリコら、男女(でないものもありますが)の愛の世界がずらり。18禁の小部屋では、春画も少し展示されています。

    「家族と愛」は人が最初に出会うコミュニティ、家族の中に存在する愛について。親、子、祖父母、兄弟…ここでも愛のかたちは多様です。


    第4章「家族と愛」

    「広がる愛」では、既存の枠組みを超えた愛の姿が紹介されます。

    秋葉原で購入した高級セックス・ドールに服を着せて自宅で撮影したローリー・シモンズ(女性です)の「ラブ・ドール」シリーズ、長崎の島原の海に生息する石灰藻で聖母マリア像をつくった森淳一《coma》など、インパクトの強い作品が並びます。


    第5章「広がる愛」

    展覧会の最後は、初音ミク。2007年に発売されたボーカロイド(ボーカル・アンドロイド)のソフトウェアは、多くの音楽・映像クリエイターを巻き込み、無数の楽曲・CG・イラスト類が生まれました。

    生身のアイドルに対する一方的な愛情とは異なり、愛情が初音ミクを進化させ、進化した初音ミクがさらに愛着をつくる。筆者はこの手のジャンルは門外漢ですが、初音ミクを育てる愛のネットワークはなぜか涙腺を刺激します。


    第5章「広がる愛」で紹介された、初音ミク

    テーマが巨大なこともあって、さまざまなジャンルの作品を堪能できる楽しい企画です。こういった展覧会から、自分の対象外だったジャンルに興味が広がることもしばしば。無心でお出かけください。

    なお、草間彌生など3点のみ撮影できる作品もありますので、カメラもお忘れなく(フラッシュ、三脚、動画はNGです)。(取材:2013年4月25日)


    料金一般当日:1,500円
     → チケットのお求めはお出かけ前にicon

     
    会場
    会期
    2013年4月27日(土)~9月1日(日)
    会期終了
    開館時間
    月・水~日曜日10:00~22:00
    火曜日 10:00~17:00
    (いずれも最終入館時間は閉館の30分前まで)
    *展覧会により変更する場合がございます。
    住所
    東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー53階
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://www.mori.art.museum/jp/
    料金
    一般 1,500円/大・高校生 1,000円/子供(4歳~中学生) 500円
    展覧会詳細 LOVE展:アートにみる愛のかたち 詳細情報

    干支 コレクション アワード

    展覧会ランキング
    1
    福井市美術館(アートラボふくい) | 福井県
    MINIATURE LIFE展ー田中達也 見立ての世界ー
    開催中[あと29日]
    2021年2月19日(金)〜3月28日(日)
    2
    三井記念美術館 | 東京都
    特別展 小村雪岱スタイル-江戸の粋から東京モダンへ
    開催中[あと50日]
    2021年2月6日(土)〜4月18日(日)
    3
    千葉市美術館 | 千葉県
    田中一村展 ― 千葉市美術館収蔵全作品
    もうすぐ終了[あと1日]
    2021年1月5日(火)〜2月28日(日)
    4
    茨城県近代美術館 | 茨城県
    ムーミン コミックス展
    開催中[あと15日]
    2021年1月16日(土)〜3月14日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    没後70年 吉田博展
    開催中[あと29日]
    2021年1月26日(火)〜3月28日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館 スタッフ募集 [海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館]
    広島県
    京都産業大学神山天文台 嘱託事務職員募集 [京都産業大学 神山天文台]
    京都府
    栃木県立博物館・解説員募集中! [栃木県立博物館]
    栃木県
    茅ヶ崎市文化資料館学芸員募集中! [茅ヶ崎市文化資料館]
    神奈川県
    神戸ファッション美術館 学芸員補助(任期付)募集 [神戸ファッション美術館(神戸市東灘区向洋町中2-9-1) ※神戸ファッション美術館は、神戸新聞地域創造・神戸新聞事業社共同事業体が 指定管理者となっているため、採用先は(株)神戸新聞地域創造となります。]
    兵庫県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード