IM
    レポート
    ワシントン・ナショナル・ギャラリー展
    三菱一号館美術館 | 東京都
    小さな絵に込められた「親密さ」
    アメリカ唯一の西洋美術を集めた国立美術館、ワシントン・ナショナル・ギャラリー(NGA)。質の高いコレクションからルノワール、マネ、モネ、ドガ、セザンヌ、ゴッホなど人気のフランス印象派とポスト印象派が68点来日、うち38点は日本初公開です。
    (左から)ピエール=オーギュスト・ルノワール《少女の頭部》 / ピエール=オーギュスト・ルノワール《猫を抱く女性》
    (左から)カミーユ・ピサロ《ルーヴシエンヌの花咲く果樹園》 / カミーユ・ピサロ《柵》
    (左から)ウジェーヌ・ブーダン《ドーヴィルのカジノの演奏会》 / ウジェーヌ・ブーダン《トゥルーヴィルの浜辺》
    (左から)ベルト・モリゾ《窓辺にいる画家の娘》 / ピエール=オーギュスト・ルノワール《モネ夫人とその息子》
    (左から)エドゥアール・マネ《キング・チャールズ・スパニエル犬》 / エドゥアール・マネ《タマ、日本犬》
    (左から)アンリ・ファンタン=ラトゥール《自画像》 / エドガー・ドガ《白い襟の自画像》 / エドゥアール・ヴュイヤール《21歳の自画像》
    (左から)アントワーヌ・ヴォロン《バターの塊》 / アンリ・ファンタン=ラトゥール《葡萄とカーネーションの静物》
    (左から)エドゥアール・ヴュイヤール《黒い服の女性》 / エドゥアール・ヴュイヤール《赤いスカーフの子供》
    (左から)ピエール・ボナール《緑色のテーブル》 / ピエール・ボナール《画家の庭の階段》 / ピエール・ボナール《庭のテーブルセット》
    12万点という収蔵品のほとんどが民間からの寄贈というNGA。今回ご紹介するのも、エイルサ・メロンのコレクションが中心です。

    エイルサはNGAの創設者の実業家、アンドリュー・W・メロンの長女。エイルサは自邸を飾るために作品を収集し、上質で上品な印象派の作品群には定評があります。

    展覧会は第1章「戸外での制作」から。チューブ絵の具の発明により、屋外で描く事が容易になると、画家たちは創作の場を求めてアトリエから戸外へ。陽光のもとで描かれた絵画は印象派を生み、後の新印象派に繋がっていきます。


    第1章「戸外での制作」

    展覧会メインビジュアルのルノワール《猫を抱く女性》は、第2章「友人とモデル」で紹介されています。

    柔らかい毛並の猫をそっと抱く、伏し目がちの少女の表情が印象的。少女はルノワールお気に入りのモデルだったニニ・ロペスと考えられています。


    第2章「友人とモデル」

    第3章「芸術化の肖像」には、同じくらいの大きさの3点の自画像が並びます。

    右から順に、酒も飲まず穏やかだったエドゥアール・ヴュイヤール、気難しい性格で友人が少なかったエドガー・ドガ、印象派と親しく交わりながら自らは印象派的絵画は描かなかったアンリ・ファンタン=ラトゥールです。

    第3章「芸術化の肖像」

    第4章は「静物画」。シャルダンへの関心の高まりとともに19世紀半ばに興った、静物画の流行(2012年に、同じ三菱一号館美術館で「シャルダン展」も開かれました)。

    小型の静物画は、新しいコレクターであるブルジョア階級にも好まれました。


    第4章「静物画」

    最期の第5章は「ボナールとヴュイヤール」。エイルサのコレクションの中で、ピエール・ボナールとエドゥアール・ヴュイヤールは大きな位置を占めています。

    ナビ派の中でも「親密派」(アンティミスト)と称されたふたり。室内に身近な人物を配し、私的な印象の作品を多く手がけました。


    第5章「ボナールとヴュイヤール」

    紹介される作品は小型のものがほとんどですが、一点一点の完成度は高く、濃密な作品ばかり。逆に小型ならではの「親密さ」をじっくりお楽しみください。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年2月6日 ]


    料金一般当日:1,600円
     → チケットのお求めはお出かけ前にicon


    ■ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 に関するツイート


     
    会場
    会期
    2015年2月7日(土)~5月24日(日)
    会期終了
    開館時間
    10時~18時 / 金(祝日を除く)のみ10時~20時
    ※10/5より開館時間が変更になりました。
    ※いずれも最終入館は閉館30分前まで
    休館日
    月曜休館(但し、祝日の場合は開館/4月6日、5月18日は18時まで開館)
    住所
    東京都千代田区丸の内2-6-2
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://mimt.jp/nga/
    料金
    一般 1,600円/大学生・高校生 1,000円/中学生・小学生 500円
    展覧会詳細 ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    東京オペラシティアートギャラリー、事務職員募集中! [東京オペラシティアートギャラリー]
    東京都
    はつかいち美術ギャラリー 学芸員募集中! [はつかいち美術ギャラリー]
    広島県
    【国立美術館】研究補佐員(作品活用促進担当)公募 [国立美術館本部(国立アートリサーチセンター(仮称)は、本部近辺の仮オフィスになる予定)]
    東京都
    ECサイト運営担当募集!【2023年秋OPEN/杉並区に誕生する体験型学習施設】 [杉並区内の科学館 *2023年秋オープン予定 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2丁目14-13]
    東京都
    広報・PR担当リーダー募集!【2023年秋OPEN/杉並区に誕生する体験型学習施設】 [杉並区内の科学館 *2023年秋オープン予定 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2丁目14-13]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    寺田倉庫 B&C HALL・E HALL | 東京都
    BETTY CATROUX - YVES SAINT LAURENT 唯一無二の女性展
    もうすぐ終了[あと11日]
    2022年11月19日(土)〜12月11日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと81日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    3
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと18日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    4
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    開催中[あと67日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
    開催中[あと53日]
    2022年10月8日(土)〜2023年1月22日(日)