IM
    レポート
    天野喜孝展 想像を超えた世界
    兵庫県立美術館 | 兵庫県
    ヤッターマンから幻想美術まで
    「ガッチャマン」「タイムボカン」などのアニメや、ゲーム「ファイナルファンタジー」のキャラクターデザインで知られる天野喜孝さん。欧米ではファインアートの画家としても活躍し、個展を開催する他、数々の賞も授賞しています。国内の公立美術館で初開催中の大規模展、現在は兵庫県立美術館に巡回中です。
    (左から)《ファイナルファンタジー3 パッケージイラスト》 / 《ファイナルファンタジー3 イメージイラスト》
    (左から)《ヤッターマン》 / 《科学忍者隊ガッチャマン》 / 《キャラクター・モンタージュ》
    (左から)《創竜伝 装幀画》 / 《さまよえるオランダ人 挿画》 / 《獅子王 バレリーナの夢 装幀画》
    (左から)《ヤヌスの戦い 装幀画》 / 《グイン》 / 《光の公女 挿画》
    (左から)《ファイナルファンタジー5 castle in the sky》 / 《ファイナルファンタジー5 イメージイラスト》
    (左から)《花天》 / 《飛天》
    (左から)《エレクトラ&ウルヴァリン イメージイラスト》 / 《エレクトラ&ウルヴァリン 装幀画》
    (左から)《Candy Rider》 / 《Creation》
    《DEVA LOKA》

    天野さんは1952年、静岡市生まれ。1967年に15歳でアニメーション制作会社のタツノコプロに入り、アニメキャラクター・デザイナーとしてデビューしました。


    タツノコプロでは、ヤッターマンなどの「タイム・ボカン」シリーズや「昆虫物語みなしごハッチ」に登場する人気キャラクターを担当。会場にはテレビ放映当時の原画のほか、ウォーホル風に表現したドロンジョなど、当時のキャラクターを用いたオマージュ作品も並びます。


    「デビュー アニメーション」


    1982年にタツノコプロから独立した天野さんは、小説の表紙や挿絵を手掛けるイラストレーターとしての活動をはじめました。


    菊池秀行の「吸血鬼(ヴァンパイア)ハンター“D”」をはじめ、夢枕獏、栗本薫らの作品世界を描写。アニメの世界で身につけた動きのある人物表現に加え、古典から現代美術まで過去の美術表現も欲に吸収して、幻想的な作品を次々に発表。読者を魅了しました。


    「装幀画」


    天野さんは1987年にスクウェアから発売されたテレビゲーム「ファイナルファンタジー」のキャラクターデザインを担当します。


    ゲームのキャラクターは天野さんにとっても新しい分野への挑戦でしたが、バーチャルの世界を想像力に豊かに表現。四半世紀に渡ってその世界観を支え、後進のデザイナーや漫画家にも大きな影響を与えました。


    ゲーム「ファイナルファンタジー」


    欧米にも創作拠点を持ち活動している天野さん。現地の美術館で神話を題材にした名作に触れる中で、自身も神話や古典を題材にした作品を生み出していきます。


    美術家・天野喜孝の実力を遺憾なく発揮した、源氏物語や千夜一夜物語をテーマにしたオリエンタルな作品。装幀画にも見られますが、アルフォンス・ミュシャやグスタフ・クリムトなどの世紀末芸術から想を得た美しい構成が目をひきます。


    「神話」


    会場最後に並ぶのは、鮮やかな色彩の最新作。それまでの作品に見られた官能性をポップな表現に落とし込んだ、新しい天野ワールドです。


    作品はアルミパネルにアクリル絵具で描き、表明に自動車用のコーティングを塗布。高い耐性を実現するとともに、アニメのセル画に通じる「透明な層に覆われた絵画」への想いも込められています。


    「DEVA LOCA」


    本展は昨年9月に熊本市現代美術館、本年4月に愛知県高浜市のかわら美術館で開催された展覧会の巡回展。来夏には新潟でも開催される予定ですが、残念ながら東京圏での開催は現段階では未確定です。ぜひ兵庫までお越し下さい。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年6月26日 ]


    ©YOSHITAKA AMANO


    天野喜孝展 -想像を超えた世界-天野喜孝展 -想像を超えた世界-

    天野喜孝 (著)

    パイインターナショナル
    ¥ 2,916


    ■天野喜孝展 に関するツイート


    会場
    会期
    2015年6月27日(土)~8月30日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00 (特別展開催中の金曜日と土曜日は20:00まで)
    ※入場は閉館の30分前まで
    休館日
    月曜日(祝休日の場合は翌日)、メンテナンス休館、年末年始
    住所
    兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1(HAT神戸内)
    電話 078-262-0901
    公式サイト http://amano-exhibition.jp/
    料金
    一般 1,200円(1,000円)/大学生 1,000円(800円)/高校生・65歳以上 600円(500円)/中学生以下無料の料金
    ※障害者割引は、本人と介添え1名まで半額(ただし、高校生と65歳以上は除く)
    展覧会詳細 天野喜孝展 想像を超えた世界 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    しょうけい館(戦傷病者史料館) 学芸スタッフの募集 [しょうけい館(戦傷病者史料館)]
    東京都
    国立美術館本部事務局情報企画室 情報研究補佐員(情報システム管理担当)公募 [国立美術館本部 (東京都千代田区北の丸公園3-1)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと83日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと71日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと71日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと14日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    5
    お札と切手の博物館 | 東京都
    お札を創る工芸官の伝統技
    もうすぐ終了[あと1日]
    2024年6月11日(火)〜7月15日(月)