IM
    レポート
    プラド美術館展 ─ スペイン宮廷 美への情熱
    三菱一号館美術館 | 東京都
    「小品」を、あなどるなかれ
    1819年開館のプラド美術館。歴代スペイン王が蒐集した作品群を礎に、濃密なコレクションを形成していきました。エル・グレコ、ベラスケス、ゴヤ、ボス、ルーベンス、ムリーリョなど、ヨーロッパ絵画史に燦然と輝く巨匠たちの作品102点が、三菱一号館美術館を彩ります。
    (左から)ヒエロニムス・ボス《愚者の石の除去》 / フアン・デ・フランデス《巡礼者姿の聖ヤコブ》
    (左から)ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《十字架を担うキリスト》 / ソフォニスバ・アングイッソーラ《クレモナの詩人、ジョヴァンニ・バッティスタ・カゼッリ》
    (左から)ペーテル・パウル・ルーベンス《デウカリオンとピュラ》 / ペーテル・パウル・ルーベンス《狩りをするディアナとニンフたち》
    (左から)ペーテル・パウル・ルーベンス《聖人たちに囲まれた聖家族》 / バルトロメ・エステバン・ムリーリョ《ロザリオの聖母》
    (左から)ピーテル・フリス《冥府のオルフェウスとエウリュディケ》 / フランスの不詳の画家《自らの十字架を引き受けるキリスト教徒の魂》
    (左から)ルカ・ジョルダーノ《スペイン王カルロス2世騎馬像》 / ルカ・ジョルダーノ《スペイン王妃マリアナ・デ・ネオブルゴ
    (左から)アントン・ラファエル・メングス《マリア・ルイサ・デ・パルマ》 / ルイス・パレート・イ・アルカーサル《花束》
    (左から)マリアノ・サルバドール・マエーリャ《大地に収穫物を捧げる女神キュベレ》 / ジャンバッティスタ(ジョヴァンニ・バッティスタ)・ティエポロ《オリュンポス、あるいはウェヌスの勝利》
    (左から)イグナシオ・ピナーソ・カマルレンチ《ファウヌス(子供のヌード)》 / マリアノ・フォルトゥーニ・イ・マルサル《日本式広間にいる画家の子供たち》
    世界三大美術館のひとつとして紹介される事も多いプラド美術館。今回は2013年に同館で開催された「Captive Beauty. Fra Angelico to Fortuny」を元に、三菱一号館美術館開館5周年記念として再構成した企画です。

    会場に入るとすぐに、ヒエロニムス・ボス《愚者の石の除去》が展示されています。ボスの作品は20点しか確認されていませんが、こちらは真筆と認められる貴重な一点。今回が初来日です。

    当時のネーデルラントでは「頭の小石が大きく成長すると愚か者になる」と考えられており、作品は石を取り出す手術を描いたもの。ただ、取り出されたのは石ではなく青い花、医者がかぶっているのは「愚行」を暗示する漏斗(じょうご)と、皆が患者を騙している事を暗示しています。


    第1章「中世後期と初期ルネサンスにおける宗教と日常生活」

    会場はほぼ年代順の7章構成。最も大きなスペースで紹介されているのが、3章「バロック:初期と最盛期」です。

    小品が多い会場で目立つ大作《ロザリオの聖母》は、バルトロメ・エステバン・ムリーリョによる作品。まるで少女のように愛らしい聖母が印象的です。ムリーリョは「スペインのラファエロ」と称えられたセビーリャ随一の画家で、この時代の同地の宗教施設の重要な絵画は、ほとんどムリーリョが手がけたとされています。

    バロックの代表格といえばペーテル・パウル・ルーベンス。大画面に迫力ある人物描写を得意とする一方で、小品にも抜群の力量を発揮します。《聖人たちに囲まれた聖家族》は、自身が聖堂のために制作した作品を正確に再現したもの。聖母子を頂点に、弧を描くように聖人たちを配置しました。今にも動き出しそうな人々の描写は、ルーベンスならではです。

    ルーベンスは支持体に板を用いた最後期の画家で、この作品を初め出展されている4点は全て板絵です。一般に板絵は作品保護のため輸送と公開が厳しく制限されている中で、本展は35点もの板絵が出展されているのも特徴的です。


    3章「バロック:初期と最盛期」

    3~4章にはヤン・ブリューゲル(2世)の作品が2点出展されています。父であるヤン・ブリューゲル(1世)の元で修行し、父の様式を忠実に守って制作を続けました。《地上の楽園》はエデンの園を描いた作品。アダムとイヴは奥に小さく、手前に多様な生き物たちが生き生きと描かれています。ちょっと驚いてしまう《豊穣》は、中央の女性の乳房が6つ。多産を象徴した描写ですが、いくら何でも不気味に見えます。

    《バベルの塔の建設》を手掛けたのは、ピーテル・ブリューゲル(2世)。父であるピーテル・ブリューゲル(1世)による著名作(ウィーン美術史美術館蔵)と、同じ題材の別作品です(ただ、父の方がずっと大きな作品です)。手前から遠景まで、実に細かい人物描写も見ものです。

    ピーテル・ブリューゲル(2世)の弟が、ヤン・ブリューゲル(1世)。つまりヤン・ブリューゲル(2世)とは叔父と甥の関係になります。


    ヤン・ブリューゲル(2世)とピーテル・ブリューゲル(2世)の作品

    5章は「18世紀ヨーロッパの宮廷の雅」。左右に花の静物画を配した心憎い演出で、展覧会のメインビジュアル《マリア・ルイサ・デ・パルマ》がここで登場します。

    描いたのはスペイン王カルロス3世の主席宮廷画家であるアントン・ラファエル・メングス。わずか13歳でカルロス4世と結婚したマリア・ルイサを、魅力的な女性像に仕立てました(ただ、おそらく本作は習作とみられています)。

    マリア・ルイサは「国王を尻に敷く醜い女」とされる事が多いのですが、若い頃は魅力的だったという説も。この絵がその説を裏付けているのは間違いありません。


    アントン・ラファエル・メングス《マリア・ルイサ・デ・パルマ》

    公式サイトにもあるように、展覧会は小品がメイン。ただ点数が揃っている事と、1点1点の密度が濃いため、“スカスカ”感は全くありません。細部を描き込んだ作品も多いので、お持ちでしたらミュージアムスコープの持参をお勧めします。

    この項ではスペイン3大画家のエル・グレコ、ベラスケス、ゴヤのご紹介まで至らなかったので、あとは会場でお楽しみください。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年10月20日 ]

    ARTcollectors'(アートコレクターズ) 2015年 10月号ARTcollectors'(アートコレクターズ) 2015年 10月号

    生活の友社 (著)

    生活の友社
    ¥ 1,728

    料金一般当日:1,700円
     → チケットのお求めはお出かけ前にicon

     
    会場
    会期
    2015年10月10日(土)~2016年1月31日(日)
    会期終了
    開館時間
    10時~18時 / 金(祝日を除く)のみ10時~20時
    ※10/5より開館時間が変更になりました。
    ※いずれも最終入館は閉館30分前まで
    休館日
    月曜休館(但し、祝日の場合、12月28日、1月25日は18時まで開館) 年末年始休館:12月31日、1月1日
    住所
    東京都千代田区丸の内2-6-2
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://mimt.jp/prado/
    料金
    一般 1,700(1,500)円/高校・大学生 1,000円/小中学生 無料
    ※()内は前売料金
    ※大学生以下、ペア(一般)は前売券の設定はありません
    展覧会詳細 プラド美術館展 ─ スペイン宮廷 美への情熱 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
    埼玉県
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    愛知県埋蔵文化財センター任期付職員の募集 [愛知県埋蔵文化財センター ※注 発掘調査現場での詰所が勤務場所となる場合があります。]
    愛知県
    海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館 運営マネージャー 募集! [呉市宝町5-32(海上自衛隊呉史料館)]
    広島県
    大阪府立博物館(近つ飛鳥博物館・弥生文化博物館)の 学芸員募集 [大阪府立近つ飛鳥博物館 大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    展覧会ランキング
    1
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと34日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    2
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと34日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    3
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと6日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
    5
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)