IM
    レポート
    村上隆のスーパーフラット・コレクション
    横浜美術館 | 神奈川県
    埋め尽くされた展示室
    現代日本を代表するアーティスト、村上隆(1962-)さん。近年は国内外の様々な美術品を積極的に蒐集しています。本展はその膨大なコレクションを、初めて大規模に公開する企画。展示室を埋め尽くした約400点で、村上さんの美意識の源泉に迫ります。
    「村上隆の脳内世界」
    「彫刻の庭」
    (左から)川喜田半泥子《志野茶碗》 / 荒川豊蔵《志野茶碗》
    デイヴィッド・シュングリー《ヌードモデル》
    奈良美智《California Orange Covered Wagon》(内部)
    「1950-2015」 ホルスト・ヤンセンの作品など
    「1950-2015」 右はBOME《鬼娘 1 by》
    「1950-2015」
    記者発表に登壇した、逢坂恵理子(横浜美術館館長)、村上隆、三木あき子(ゲストキュレーター)の各氏
    サブカルチャーの文脈をファインアートに取り込み、世界を股にかけて活躍する村上隆さん。森美術館で開催中の「村上隆の五百羅漢図展」では圧巻の《五百羅漢図》を公開し、観客の度胆を抜いています。

    コレクションについて「陳列して愛でるのではなく、(アーティストとしての)トレーニングのために作品を買う」と語る村上さん。並んだ作品は、村上さんの審美眼そのものと言えます。

    エントランスの大空間から展示はスタート。最初は巨大な彫刻やインスタレーション作品で、飛行機の残骸などを用いたアンゼルム・キーファー、村上さんと親交が深い李禹煥(リ・ウーファン)らが紹介されています。


    「彫刻の庭」

    2階に上がると、古美術などが並ぶ「日本・用・美」。縄文土器からヨーロッパのスリップウェアまで、さまざまの陶磁器が並びます。

    多彩な村上さんのコレクションの中でも、陶磁器は質・量ともに群を抜く存在。桃山時代の志野茶碗や、北大路魯山人・川喜田半泥子・荒川豊蔵など近代の器も含まれています。

    このコーナーでは、曽我蕭白や白隠慧鶴など江戸絵画も展示。独自の視点で、日本人が古来から持っている美意識に切り込みます。


    「日本・用・美」

    続いて「スタディルーム&ファクトリー」。デイヴィッド・シュリグリーの《ヌードモデル》は、人体デッサン教室です。人体モデルの彫刻をイーゼルが囲み、来館者は自由にデッサンを描く事ができます。裸の人体モデルは、まばたきをするとともに、時おりユニークな動作も。足元のバケツがポイントです。

    馬車のような《California Orange Covered Wagon》は、奈良美智さんの作品。内部も奈良さんの作品で埋めつくされています。


    「スタディルーム&ファクトリー」

    続く展示室は、あらゆるものがカオス状に混在している「村上隆の脳内世界」。制作年代、制作地、素材など、展示されている品々に統一性は皆無。唯一の規則は「村上隆が選んだ」という事だけです。

    「(手に入れる事がトレーニングなので)入手したモノは倉庫に直行」と話す村上さん。このようなかたちでコレクションをまとめて見るのは、自分でも初めてかもしれません。


    「村上隆の脳内世界」

    会場最後は、村上さんのコレクションの主要な柱である現代美術。若き日の村上さんのスターだったダグ・アンド・マイク・スターン、自画像の重要性を認識したホルスト・ヤンセンと、アーティストとしての村上さんに直接影響を与えた作家の作品も紹介されています。

    なお通常の横浜美術館は建物の右半分で企画展、左半分でコレクション展(常設展)が開催されていますが、本展はあまりにも作品数が多い事もあって、企画展が常設展側に拡張(常設展も開催中ですが、いつもより少スペースです)。あらゆる点で、規格外の展覧会となりました。


    「1950-2015」

    相続税の問題もあり、美術品を蒐集するには、日本は恵まれた国とはいえません。村上さんも将来的には、このコレクションをより多くの鑑賞者の目に触れる場所に移したいという希望がある、とのこと。「村上隆コレクション」としてのお披露目は、これが最初で最後になるかもしれません。

    村上隆の五百羅漢図展」との相互割引も実施中。半券の提示で、一般当日料金が200円引きになります。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年1月29日 ]

    芸術闘争論芸術闘争論

    村上 隆 (著)

    幻冬舎
    ¥ 1,944


    ■村上隆のスーパーフラット・コレクション に関するツイート


     
    会場
    会期
    2016年1月30日(土)~4月3日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00
    (入館は閉館の30分前まで)
    休館日
    木曜日 ※2016年2月11日(木・祝)は開館
    住所
    神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
    電話 045-221-0300
    公式サイト http://yokohama.art.museum/special/2015/murakamicollection/index.html
    料金
    一般 1,500円/大学・高校生 900円/中学生 400円
    ※小学生以下無料、65歳以上は1,400円
    展覧会詳細 村上隆のスーパーフラット・コレクション 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    東京国立博物館 広報室 有期雇用職員募集中 [東京国立博物館]
    東京都
    【文化学園服飾博物館】学芸員アシスタント(アルバイト)募集 [文化学園服飾博物館]
    東京都
    静岡市東海道広重美術館【学芸員】【管理】募集中 [静岡市東海道広重美術館]
    静岡県
    奥州市牛の博物館 学芸調査員を募集中 [牛の博物館]
    岩手県
    展覧会ランキング
    1
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと38日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと38日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    3
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
    もうすぐ終了[あと10日]
    2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
    4
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと10日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    5
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと10日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)