IM
    レポート
    雑貨展
    21_21 DESIGN SIGHT | 東京都
    荒物から雑貨へ
    ‘いろいろなものが入りまじっている’「雑」と、‘商品・品物・荷物’の「貨」で、「雑貨」。とても身近な雑貨ですが、実は英訳が難しく、日本の生活史と関連が深い存在でもあります。文化的な側面も踏まえて雑貨をとりあげた展覧会が、21_21 DESIGN SIGHTで開催中です。
    (手前)《雑貨屋の雑貨》
    《松野屋行商》松野屋+寺山紀彦(studio note)
    《終わらない自問自答》池田秀紀/伊藤菜衣子(暮らし方冒険家)
    《雑貨のルーツ》コーナーから
    《d mart used「D&DEPARTMENT PROJECTが考えるコンビニエンスストア」》
    《12組による雑貨》 平林奈緒美「All the Best Rubbish」
    《12組による雑貨》 保里正人・享子(CINQ
    SAML.WALTZ)「雑貨感」
    《キッチュな生活雑貨パッケージ》町田忍
    展覧会のディレクションは、21_21 DESIGN SIGHTディレクターを務める深澤直人さん。深澤さんはプロダクトデザインの第一人者のため、モノをつくる側でもありますが、今回は選び手になって「雑貨とは何か」から紐解いていきます。

    展示室の前にあるのは、山のような行商の荷車。江戸~明治時代には、ザルやヤカンなどの生活必需品を売り歩く行商が盛んにあり、こちらは写真資料を基に現代の日用品で再現したもの。荒物(あらもの)と呼ばれたこれらの品々は、現在の雑貨に繋がります。


    荒物の行商は、まるで祭りの山車のようです

    続いて、雑貨がどのように私たちの暮らしに取り入れられてきたのか、15のキーワードで探る「雑貨のルーツ」。

    紹介されているキーワードは「バウハウス」「北欧デザイン」「民藝運動」「プラスチック」「消費社会」など。工業化の進展、大量生産・大量消費社会の到来、大衆に訴える広告宣伝…時代の風景とともに、雑貨としてとらえられる品々も変わっていきました。

    ちなみに深澤さんがデザインした携帯電話「INFOBAR」も、ここに展示されています


    「雑貨のルーツ」

    広い展示室に進むと、手前の展示台では深澤さんと展覧会企画チームが選んだ雑貨が紹介されています。明確な定義がない雑貨の世界。それゆえ、選ぶ人の数だけ雑貨の種類があるともいえます。

    並んでいるのはハサミ、作業用手袋、目玉クリップ、キッチンタイマー、汁椀…1点1点は「文房具」「食器」などの特定のカテゴリに入れる事もできますが、ひとくくりにすると「雑貨」としか表現できません。


    「雑貨展の雑貨」

    会場にはデザイナーやスタイリストらが各自のテーマで作った雑貨の世界観も展示されています。

    ナガオカケンメイ+D&DEPARTMENTは、家にある「必要以上に複数ある使っていない生活用品」を集めてコンビニを構成。プラスチックのスプーン、古い雑誌など、確かにどの家でも見つける事ができます。

    野本哲平の「雑種採集」は傑作。本来の用途と違う目的で使われた品々として、お米の袋を使ったハンドルカバーや、シューキーパーになったキンチョールの缶など。使い手の発想で生まれた雑貨です。

    藤城成貴はアイデアが雑貨になるまでのプロセスを紹介。自転車のカゴが壁に掛けて使われているのを見て壁掛けの収納を思いつく→素材は柔らかいほうがいい→運動会の玉入れ用のカゴは? と、進みます。


    展示風景

    「カワイイおすすめザッカがいっぱい!」という展覧会ではありませんが、なかなか深い企画展です。会場1階では、深澤直人セレクトの雑貨を中心に参加作家・出展者にまつわる雑貨も販売中です。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年2月26日 ]

    本当にいいものだけ! 日用品&雑貨本当にいいものだけ! 日用品&雑貨

     日経トレンディ (編集)

    日経BP社
    ¥ 750

     
    会場
    会期
    2016年2月26日(金)~6月5日(日)
    開館時間
    11:00~20:00(入場は19:30まで)
    休館日
    火曜日(3月15日、5月3日は開館)
    住所
    東京都港区赤坂9-7-6東京ミッドタウン・ガーデン内
    電話 03-3475-2121
    公式サイト http://www.2121designsight.jp/program/zakka/
    料金
    一般1,100円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料
    *15名以上は各料金から200円割引
    *障害者手帳をお持ちの方と、その付き添いの方1名は無料
    展覧会詳細 雑貨展 詳細情報
    展覧会ランキング
    大阪市立美術館 | 大阪府
    フランス絵画の精華
    もうすぐ終了[あと6日]
    2020年5月26日(火)〜8月16日(日)
    熊本城ホール | 熊本県
    特別展 ミイラ「永遠の命」を求めて
    開催中[あと26日]
    2020年5月21日(木)〜9月5日(土)
    国立西洋美術館 | 東京都
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
    開催中[あと69日]
    2020年6月18日(木)〜10月18日(日)
    東京藝術大学大学美術館 | 東京都
    あるがままのアート ー 人知れず表現し続ける者たち
    開催中[あと27日]
    2020年7月23日(木)〜9月6日(日)
    静岡県立美術館 | 静岡県
    みんなのミュシャ
    開催中[あと27日]
    2020年7月11日(土)〜9月6日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    IM レポート
    IM レポート
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「きもの KIMONO」 
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    IM レポート
    東京都江戸東京博物館 | 東京都
    発掘された日本列島2020
    IM レポート
    IM レポート
    読者 レポート
    あべのハルカス美術館 | 大阪府
    ムーミン展 THE ART AND THE STORY
    学芸員募集
    令和3年度採用恵庭市職員 事務職(学芸員)の募集 [恵庭市役所]
    北海道
    秩父宮記念スポーツ博物館・事務補助者(学芸補助) [秩父宮記念スポーツ博物館]
    東京都
    高知市一般任期付職員(埋蔵文化財発掘調査員)募集 [高知市埋蔵文化財作業所他]
    高知県
    【すみだ北斎美術館】ミュージアムショップスタッフ募集 [すみだ北斎美術館 東京都墨田区亀沢2-7-2]
    東京都
    令和3年度採用犬山市職員 学芸員(考古学専攻)の募集 [犬山市役所]
    愛知県