IM
    レポート
    ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」
    横浜美術館 | 神奈川県
    「接続」と「孤立」がテーマ
    現代アートの国際展、横浜トリエンナーレ。2001年に初めて開催されて以来、3年に1度開催され、今回で6回目となります。3つの会場を舞台に国内外の38アーティストと1プロジェクトが参加、「接続」と「孤立」が今回のテーマです。
    アイ・ウェイウェイ(艾未未)《安全な通行》2016 《Reframe》2016 © Ai Weiwei Studio
    ミスター「ごめんなさい」展示風景
    (左)風間サチコ《第一次幻惑大戦》2017 / (右)風間サチコ《黒い花電車ー僕の代》 2008
    (左)木下晋《起つ人》2017 / (右)木下晋《掌握》2011
    パオラ・ピヴィ《I and I(芸術のために立ち上がらねば)》など
    オラファー・エリアソン「Green light - アーティスティック・ワークショップ」
    マウリツィオ・カテラン《無題》2000
    小沢剛《帰ってきたK.T.O》2017
    宇治野宗輝《プライウッド新地》2017
    タイトルとなった「島」「星座」「ガラパゴス」は、接続や孤立、想像力や創造力、独自性や多様性などを表すためのキーワード。グローバル化が進む一方で、紛争や難民・移民の問題などが頻発するなど、相反する価値観が複雑に絡み合う現代社会を念頭に設定されました。

    多数の作品が並びますが、会場はカテゴリ分けせず、小さな個展が緩やかにつながるような構成。まずは主会場である横浜美術館からご紹介しましょう。

    難民問題をテーマにした作品を美術館の外壁と柱に展示したのは、アイ・ウェイウェイ。館内のグランドギャラリー(エントランスホール)には、インドネシアのジョコ・アヴィアントが巨大な竹のインスタレーションを作りました。

    オラファー・エリアソンなど著名な現代美術家や、日本で初めて本格的に紹介される若手アーティストの作品なども含め、横浜美術館では28組のアーティストの作品を展示。「いわゆる現代美術」的な表現が多い中、鉛筆で克明に人物を描く木下晋の作品は独特の存在感を放っていました。

    第2会場として位置付けられるのが、横浜赤レンガ倉庫1号館。海沿いの建物で12組のアーティストと1プロジェクトの作品が展示されています(うち2作家は横浜美術館でも出展)。

    クリスチャン・ヤンコフスキーによる重量上げの選手が彫像を持ち上げようとする映像作品や、宇治野宗輝による家電製品などを使った映像と光と音楽の作品などが印象に残りました

    プロジェクト「Don't Follow the Wind」は、震災後の帰還困難区域内を映像や資料で紹介し、封鎖解除後の未来へ繋げていく試みです。

    もうひとつの会場、横浜市開港記念会館にも柳幸典の作品を展示。憲法9条をテーマにしたLED作品などが紹介されています。

    諸事情で今回は動画でのご紹介できませんが、いつものように見どころ満載のヨコハマトリエンナーレ2017。展覧会とともに、公開対話シリーズ「ヨコハマラウンド」も実施されます。これは展示だけでなく、幅広い分野の専門家からの意見・提言もあわせて発信する事で、視覚と対話の両面から「共有と共生」の多様な機会となる事を目指す試み。日程などは公式サイトでご確認ください。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年8月3日 ]

    ※写真は全て、ヨコハマトリエンナーレ2017展示風景


    料金一般当日:1,800円
     → チケットのお求めはお出かけ前にicon


    ■ヨコハマトリエンナーレ に関するツイート


     
    会場
    横浜美術館 / 横浜赤レンガ倉庫1号館 / 横浜市開港記念会館(地下)ほか
    会期
    2017年8月4日(金)~11月5日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00
    (入館は閉館の30分前まで)
    休館日
    第2・4 木曜日
    住所
    神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1(横浜美術館)、ほか
    電話 03-5777-8600(8:00~22:00)
    公式サイト http://www.yokohamatriennale.jp/
    料金
    コハマトリエンナーレ 2017 鑑賞券
    一般 1,800円(前売 1,500円)
    大学・専門学校生 1,200円(前売 900円)
    高校生 800円(前売 500円)
    中学生以下 無料
    展覧会詳細 ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    東京オペラシティアートギャラリー、事務職員募集中! [東京オペラシティアートギャラリー]
    東京都
    はつかいち美術ギャラリー 学芸員募集中! [はつかいち美術ギャラリー]
    広島県
    【国立美術館】研究補佐員(作品活用促進担当)公募 [国立美術館本部(国立アートリサーチセンター(仮称)は、本部近辺の仮オフィスになる予定)]
    東京都
    ECサイト運営担当募集!【2023年秋OPEN/杉並区に誕生する体験型学習施設】 [杉並区内の科学館 *2023年秋オープン予定 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2丁目14-13]
    東京都
    広報・PR担当リーダー募集!【2023年秋OPEN/杉並区に誕生する体験型学習施設】 [杉並区内の科学館 *2023年秋オープン予定 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2丁目14-13]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    寺田倉庫 B&C HALL・E HALL | 東京都
    BETTY CATROUX - YVES SAINT LAURENT 唯一無二の女性展
    もうすぐ終了[あと11日]
    2022年11月19日(土)〜12月11日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと81日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    3
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと18日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    4
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    開催中[あと67日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
    開催中[あと53日]
    2022年10月8日(土)〜2023年1月22日(日)