特別展「驚異と怪異 ― 想像界の生きものたち」


国立民族学博物館

〒 565-8511
大阪府 吹田市 千里万博公園10-1

公式サイト

期間

2019年08月29日~2019年11月26日
 [終了まであと8日]

内容

ヨーロッパや中東においては、犬頭人、一角獣といった不可思議ではあるが実在するかもしれない「驚異」は、自然誌の知識の一部として伝えられました。また、東アジアにおいては、奇怪な現象や異様な物体を説明しようとする心の動きが、「怪異」を生み出しました。本展示では、常識や慣習から逸脱した「異」なるもの(異境・異人・異類)をめぐる人間の心理と想像力の働き、言説と視覚表象物の関係を解明するとともに、人間の想像力と環境の相関関係を究明します。

なぜ人類は、この世のキワにいるかもしれない不思議な生きものを思い描き、形にしてきたのか?奇妙で怪しい、不気味だけどかわいい、世界の霊獣・幻獣・怪獣が大集合!

現代のアーティスト・漫画家・ゲームデザイナーたちによるクリーチャー制作も紹介し、妖怪やモンスターの源泉にある想像と創造の力を探ります。

料金

一般 880(600)円 / 大学生 450(250)円 / 高校生以下 無料

※本館展示もご覧いただけます。
※( )内は、20名以上の団体、大学等(短大・大学・大学院・専修学校の専門課程)の授業での利用、リピーター、満65歳以上の方の場合の料金。

休館日

水曜日

アクセス

●阪急茨木市駅・JR茨木駅よりバスで
「日本庭園前」下車、徒歩約13分
●大阪モノレール「万博記念公園駅」下車、徒歩約15分
●大阪モノレール「公園東口駅」下車、徒歩約15分
【お車の方】
万博記念公園の駐車場(有料)をご利用ください。
最寄り「日本庭園前駐車場」から徒歩5分です。

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる