「エミール・ガレ vs ドーム兄弟」展


みらい美術館

〒 220-0011
神奈川県 横浜市 西区高島1-2-15 みなとみらい学園ビル2階

公式サイト

期間

2019年08月01日~2019年12月08日
 [終了まであと15日]

内容

1889年に開催されたパリ万博では、シンボルとしてエッフェル塔が建設され、世界中から3000万人以上の人々が訪れました。エミール・ガレはガラス部門でグランプリを受賞し、世界的な名声を得ました。これに触発され同郷のガラスメーカー「ドーム」は芸術性の高い作品制作に乗り出します。ガレとドームは切磋琢磨し、画期的なガラス技法を用いた作品の制作を行い、1900年に再度開催されたパリ万博において、両者はグランプリを獲得します。

みらい美術館ではこの度、1889年パリ万博出品作であるエミール・ガレ作「葡萄に蜘蛛の巣文花器」を始め、エミール・ガレとドーム兄弟の希少作約50点を展観する企画展を行います。この機会にぜひご高覧下さい。

料金

一般 800円 / 学生 600円 / 中学生以下 無料

※障がい者てちょうをご提示の方と介護者1名は無料

休館日

月曜日、火曜日

アクセス

みなとみらい線新高島駅徒歩二分

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる