瀧口修造/加納光於《海燕のセミオティク》2019


富山県美術館

〒 930-0806
富山県 富山市木場町 3-20

公式サイト

期間

2019年11月01日~2019年12月25日
 [終了まであと9日]

内容

美術評論の分野でも活躍した詩人・瀧口修造と、1950年代から独創的な版画作品により国内外で高く評価されてきた美術家・加納光於は、30歳の年の差ながら四半世紀にわたる創造的な交流を持ったことが知られています。

本展では、加納光於の最初期の版画集《植物》(1955年)から、37点組の油彩の最新作《海燕のセミオティク》(2018年)までや、瀧口修造が南画廊で発表したデカルコマニー作品、《私の心臓は時を刻む》(1962年)などの、両氏の代表作を展示。
瀧口・加納の共同制作作品や、両者が交わした書簡なども紹介し、強く共鳴しあった二人の精神と創造に光を当てます。

料金

【当日券】
一般 900(700)円 / 大学生 450(350)円 / 高校生以下 無料

※( )内は20名以上の団体料金


【前売券】
一般 700円

一般前売券の販売は、9月15日(日)~10月31日(木)まで
【前売券販売所】富山県美術館、富山県水墨美術館、アーツナビ

休館日

毎週水曜日(ただし、12月25日は開館)、11月5日(火)

アクセス

新幹線 改札口(富山駅南口)から
徒歩 約20分
バス 7番のりば(富山駅南口・富山県美術館経由)、もしくはバス1番のりば(富山駅北口・富山県美術館経由)で乗車、「富山県美術館」下車すぐ
タクシー・車 約10分

車で富山I.C.から国道41号経由、約15分(渋滞なしで)
※美術館内の駐車場をご利用ください

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる