ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展


宇都宮美術館

〒 320-0004
栃木県 宇都宮市 長岡町1077

公式サイト

期間

2020年01月12日~2020年02月24日
 [終了まであと1日]

内容

世界で唯一、侯爵家(君主)の家名が国名となっているリヒテンシュタイン。スイスとオーストリアにはさまれた小国ながら、世界でも屈指の規模を誇る個人コレクションを有し、その優雅さが宝石箱にもたとえられ世界の注目を集めています。

本展は、侯爵家秘蔵のルーベンス、ヤン・ブリューゲル(父)、クラーナハ(父)を含む北方ルネサンス、バロック、ロココを中心とする油彩画約60点と、ヨーロッパでも有数の貴族の趣向が色濃く反映された、ウィーン窯を中心とする優美な陶磁器約70点で構成されます。絵画と陶磁器の共演は、優雅さとくつろぎが調和する貴族の宮廷空間へ誘ってくれることでしょう。

料金

一般 1,000(800)円 / 大学生・高校生 800(640)円 / 中学生・小学生 600(480)円

休館日

毎週月曜日(ただし、1月13日、2月24日は開館)、1月14日(火)

アクセス

・JR「宇都宮駅」西口5番乗場から関東バス
「豊郷台・帝京大学経由宇都宮美術館行き」終点下車(約25分)

・東北自動車道「宇都宮I.C.」から約10km、「鹿沼I.C.」から約14km、北関東自動車道「上三川I.C.」から約19㎞

【駐車場】有
 無料大駐車場、高齢者・障害者用駐車場

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる