健在する日本の陶芸 ー 不如意の先へ ー


益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子

〒 321-4217
栃木県 益子町 益子3021

公式サイト

期間

2020年01月19日~2020年03月29日
 [終了まであと38日]

内容

最近“日本の陶芸”という言葉を見かけるようになりました。日本の陶芸は本来、日本の美意識の上に成立していましたが、いつの間にか西洋の美術概念によって本来の日本の陶芸が見え難くなっているように見受けられます。本展では現役作家4名の陶芸を紹介し、西洋絵画や彫刻と対峙する日本の陶芸をあらためて考えます。

料金

大人 600(550)円 / 小中学生 300(250)円 / 65歳以上300(300)円
※()内は20名以上の団体

休館日

毎週月曜日(ただし、祝日の場合は開館し、翌平日休館)

アクセス

●「小山」駅から水戸線乗車「下館」駅下車、真岡鐡道に乗換え、「益子」駅下車、徒歩25分
●JR「宇都宮」駅西口14番バス乗り場より関東バス「益子」行き乗車、「陶芸メッセ入口」下車、徒歩2分
●秋葉原駅より茨城交通高速バス「関東やきものライナー」笠間・益子行き(約2時間50分)陶芸メッセ入口下車徒歩2分
●常磐道友部JCT経由、北関東道桜川筑西ICより約20分、東北道栃木都賀JCT経由、北関東道真岡ICより約25分

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる