[2019年09月13日]

一番の思い入れは「デビルマン」 ── 永井豪さんの展覧会、上野の森美術館で明日開幕

永井豪さん、画業50年突破の展覧会が明日開幕 ── 上野の森美術館
©1967-2019 Go Nagai / Dynamic Production. Allrights reserved.

2019年9月13日(金)、東京・台東区の上野の森美術館で、マンガ家・永井豪(1945-)の画業50年突破を記念した展覧会「永井GO展」のプレス向け内覧会が開催された。

永井豪は石川県輪島市生まれ。幼少の頃よりマンガ・映画・落語・冒険小説に親しみ、石ノ森章太郎氏のアシスタントを経て、1967年「目明しポリ吉」でデビュー。

翌年連載がはじまった「ハレンチ学園」が大ブームとなり、以後も「デビルマン」「マジンガーZ」「バイオレンスジャック」「キューティーハニー」など、ヒット作を連発。現在まで幅広いジャンルの作品を発表し続けている。

展覧会では、デビュー作から最新作まで、直筆マンガ原稿、カラーイラストなど600点以上をジャンル別に紹介。

「マジンガーZ」や「デビルマン」の世界観をイメージしたエリアや、普段は表に出ることのない秘蔵資料も紹介される。

この日の内覧会には永井豪さんも登壇。「50年以上、マンガの世界に没頭してきた。長い年月の断片ではあるが、集大成を多くの人に見てもらえるのをとても嬉しく思う」と挨拶。

思い入れが強い作品について聞かれると「自分の中では、デビルマン。ギャグ漫画ばかり描いていたので、初めてといえる本格的なストーリー漫画で、失敗できないという切羽詰まった思いもあった。テレビが終わってから急遽、マンガも完結させることとなり、どうやって自分の想いを通そうかと考えて、最後は過激になってしまったが、結果的にはそれが作品をいいものにしてくれた」と語った。

「画業50年“突破”記念 永井GO展」は上野の森美術館で、2019年9月14日(土)~9月29日(日)に開催。観覧料は一般・大学生 1,600円、高校生・中学生 1,000円、前売りはそれぞれ200円引きで、2019年9月13日(月)23:59まで発売。



「永井GO展」のチケットはこちらiconicon