㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画

極秘資料を大公開!

「良いデザイン」を社会に広めることを目的に有志のデザイナーたちが集い、非営利の団体として活動を続けている日本デザインコミッティー。ジャンルを超えたメンバー26名全員のスケッチや模型など「㊙中の㊙」といえる資料を大公開する太っ腹な展覧会が、21_21 DESIGN SIGHTで開催中です。

  • 会場
  • 「原画が生まれるところ」
  • 喜多俊之
  • 面出薫
  • 山中俊治
  • 小泉誠
  • 永井一史
  • 柴田文江
  • 「作家たちの椅子」から、《柏戸イス》デザイン:剣持勇

1953年に創立された国際デザインコミッティーを基礎に結成された、日本デザインコミッティー。創設メンバーは丹下健三、柳宗理、剣持勇、亀倉雄策、岡本太郎、勝見勝ら15名でした(顧問含む)。メンバーは不定期で入れ替わり、現在は40代から90代まで26名が参加しています。

その活動は、大きく3つ。松屋銀座の7階に常設され、世界中の優れたデザイングッズを販売する「デザインコレクション」の商品選定。8階で隔年で開催される企画展の運営。そして売り場に併設された「デザインギャラリー1953」の運営。活動を通して、創立以来、旗印に掲げてきた「デザインの啓蒙」を行っている非営利の団体です。

メンバーは、いわば日本のクリエイティブの最先端といえる存在ですが、今回の展覧会は、26名全員について、デザインの完成形に至るまでの資料を公開するもの。いわば、仕事の方法論・哲学・品質をさらけ出してしまうという、かなり大胆な企画です。



会場の入り口部分では、日本デザインコミッティーの活動を紹介。現在まで顧問を含めて参加した71名が名を連ねるメンバー年表もあります。新しいメンバーの参加は既存のメンバーの推薦を経てコミッティー内で議論し、満場一致で決定するそうです。

最初の展示室では、「原画が生まれるところ」と題した映像。原 研哉(グラフィックデザイナー)、伊藤隆道(造形家)、鈴木康広(アーティスト)、山中俊治(デザインエンジニア)の、それぞれが手を動かして思考を膨らませていく過程です。

続いて、26名のデザイナーたちが見せる「原画」。いわば展覧会のキモといえる部分です。展示されているのはスケッチをはじめ、模型材料やアイディアメモなどさまざま。プロジェクトの分野や、制作年、デザイナーの世代、そしてデザイナーの個性の違いにより、つくられる原画もさまざまです。

展示されているプロジェクトは著名なものが多いので、原画と完成品との比較もおすすめ。完成までのプロセスを追う事で、デザイナーがどこにこだわったのかが理解できます。

会場最後では、インタビュー集も。田川欣哉(本展ディレクター)と鈴木康広が、メンバーひとりひとりにインタビューしています。仕事に対する取り組み方や哲学など、金言が満載。特設ウェブサイトでもインタビュー集は公開されています。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年11月21日 ]

OPTIMUM デザインの原形OPTIMUM デザインの原形

日本デザインコミッティー(著)

ADP
¥ 2,750

 

ミュージアムの詳細

展覧会の詳細

会期

2019年11月22日(金)~2020年5月10日(日)※会期延長