大林コレクション展「安藤忠雄 描く」「都市と私のあいだ」「Self-History」

    WHAT MUSEUM | 東京都

    大林コレクション展は、国際芸術祭「あいち2022」(愛知県)の組織委員会会長を務める大林剛郎氏が、長い年月をかけて築いた圧巻のコレクションに焦点を当て、「安藤忠雄 描く」、「都市と私のあいだ」、「Self-History」という3つの展覧会を同時開催。 「Self-History」では、大林氏がこれまでに収集した現代美術作品を中心に、コレクションの集大成とも言える約40作家の作品を展示。 「都市と私のあいだ」は、都市と、アーティストや私たちの「あいだ」に存在する、都市を形成するさまざまな要素を被写体とした、9名のアーティストによる写真作品をを展示。 「安藤忠雄 描く」では、⻑さ10m におよぶドローイングを中⼼に、初期建築作品のスケッチ、未完のプロジェクトのシルクスクリーンを含む平⾯作品15点を展⽰。安藤忠雄⽒のプロジェクトは、未来を 「想い描くこと」、それを「図として描くこと」から始まります。和紙に描かれた細いペンと⾊鉛筆の繊細で柔らかな筆致からは、同⽒が真摯に都市と建築に向き合う姿が垣間⾒え、ダイナミックなドローイングの筆跡からは、⼒強く未来に向かって挑む姿が連想されます。
    会期
    2021年9月25日(土)〜2022年2月13日(日)
    開催中[あと77日]
    開館時間
    11時 — 18 時(最終入館 17 時)
    料金
    一般 1,200円
    大学生/専門学校生 700円
    高校生以下 500円
    小学生以下 無料
    ※「安藤忠雄 描く」、「都市と私のあいだ」、「Self-History」展の観覧料
    休館日 月曜日(祝日の場合は翌火曜日休)・年末年始休
    公式サイト https://what.warehouseofart.org/
    会場
    WHAT MUSEUM
    住所
    東京都品川区東品川2-6-10 寺田倉庫 G号
    大林コレクション展「安藤忠雄 描く」「都市と私のあいだ」「Self-History」のレポート
    0
    大林剛郎氏のコレクションに焦点を当てた展覧会が東京・天王洲で開催中
    都市の写真が中心の「都市と私のあいだ」、原点である「安藤忠雄 描く」
    コレクションの集大成「Self-History」は、約40作家の現代美術作品を紹介

    おすすめレポート
    学芸員募集
    泉美術館 学芸員(契約)募集 [公益財団法人 泉美術館]
    広島県
    令和4年度和歌山市職員(学芸員:日本考古学)募集 [文化振興課]
    和歌山県
    清水寺 展覧会運営スタッフ募集! [清水寺]
    京都府
    二条城 展覧会スタッフ募集中! [二条城]
    京都府
    さいたま市任期付き短時間勤務職員(一般行政事務・植物研究分野) [さいたま市教育委員会 文化財保護課]
    埼玉県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催中[あと49日]
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    国立民族学博物館 | 大阪府
    ユニバーサル・ミュージアム ―― さわる!“触”の大博覧会
    もうすぐ終了[あと2日]
    2021年9月2日(木)〜11月30日(火)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催中[あと45日]
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    もうすぐ終了[あと14日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    ハリー・ポッターと魔法の歴史
    開催まであと20日
    2021年12月18日(土)〜2022年3月27日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード