没後200年 亜欧堂田善展

    千葉市美術館 | 千葉県

    江戸時代後期に活躍した洋風画家、亜欧堂田善(あおうどうでんぜん・1748-1822)の首都圏では16年ぶりとなる回顧展。 現在の福島県須賀川市に生まれた田善は、47歳で白河藩主松平定信に見出され銅版画技術を習得することとなった遅咲きの画人ながら、手掛けた作品は江戸の名所、異国の風物、最先端の医学書の挿絵や世界地図に至るまで実に多彩です。 本展では、目を見張る精緻さと個性的な風俗描写が光る銅版画を網羅的に紹介するとともに、《浅間山図屏風》(重要文化財)など洋風画の代表作、素描や原版、田善が目にしたであろう西洋版画や師弟の作品を一堂に展示し、画業の全貌を改めて検証します。 (公式ウェブサイトより)
    会期
    2023年1月13日(金)〜2月26日(日)
    会期終了
    開館時間
    午前10時-午後6時 (入場は午後5時30分まで)
    金曜日・土曜日は午後8時まで (入場は午後7時30分まで)
    料金
    一般1,200円(960円) 大学生700円(560円) 小・中学生、高校生無料

    ※( )内は前売券、および市内在住65歳以上の料金
    ※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料

    ◎本展チケットで5階常設展示室「千葉市美術館コレクション選」もご覧いただけます。
    ※割引の併用はできません
    休館日 1月30日(月)、2月6日(月)
    会場
    千葉市美術館
    住所
    〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
    043-221-2311
    没後200年 亜欧堂田善展のレポート
    1
    江戸時代に精密な解剖図や世界地図を制作。西洋由来の腐食銅版画の大成者
    重要文化財をはじめとする代表的な銅版画はもちろん、独特な肉筆油彩画も
    故郷・須賀川で守られてきた作品の数々。首都圏では17年ぶりとなる回顧展
    没後200年 亜欧堂田善展の巡回展
    福島県
    2022年10月29日(土)〜12月18日(日) 福島県立美術館
    千葉県
    2023年1月13日(金)〜2月26日(日) 千葉市美術館
    おすすめレポート
    学芸員募集
    【登録有形文化財】東山旧岸邸 企画運営スタッフ募集 [東山旧岸邸]
    静岡県
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    読売新聞社イベント企画部署での運営サポート [読売新聞東京本社 事業局事業戦略センター]
    東京都
    大阪市公文書館調査員会計年度任用職員募集中! [大阪市公文書館]
    大阪府
    【川口市】サイエンスコミュニケーター募集 [川口市立科学館]
    埼玉県
    展覧会ランキング
    1
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと46日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    2
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと46日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    3
    MOA美術館 | 静岡県
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催まであと136日
    2024年7月6日(土)〜9月9日(月)
    4
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    開催中[あと18日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)
    5
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    開催中[あと18日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)