IM
    レポート
    没後200年 亜欧堂田善
    千葉市美術館 | 千葉県
    江戸時代に精密な解剖図や世界地図を制作。西洋由来の腐食銅版画の大成者
    重要文化財をはじめとする代表的な銅版画はもちろん、独特な肉筆油彩画も
    故郷・須賀川で守られてきた作品の数々。首都圏では17年ぶりとなる回顧展

    江戸時代後期に活躍した洋風画家、亜欧堂田善(あおうどうでんぜん・1748-1822)。当時最高峰の技術だった腐食銅版画技法を習得し、精密な解剖図や世界地図を制作。また肉筆の油彩画にも意欲的に取り組み、傑作を多く世に送り出しました。

    昨年でちょうど没後200年。その画業を改めて検証する展覧会が、千葉市美術館で開催中です。


    千葉市美術館「没後200年 亜欧堂田善 江戸の洋風画家・創造の軌跡」 エレベーターホールはご覧のとおり
    千葉市美術館「没後200年 亜欧堂田善 江戸の洋風画家・創造の軌跡」 エレベーターホールはご覧のとおり


    展覧会は第1章「画業の始まり」から。現在の福島県須賀川市に生まれた亜欧堂田善(本名:永田善吉)。前半生は兄とともに染物業を営んでいましたが、白河藩主・松平定信に見出され、谷文晁に師事することになりました。その時すでに47歳、かなり遅いスタートです。

    田善は15歳年下の文晁に師事することになりますが、以後、田善の作品には文晁からの影響が各所に見られます。


    千葉市美術館「没後200年 亜欧堂田善 江戸の洋風画家・創造の軌跡」会場より 谷文晁《田善肖像(《畫學齋過眼図藁》下巻)》寛政6年(1794 )大東急記念文庫[展示期間:1/13~26]
    谷文晁《田善肖像(《畫學齋過眼図藁》下巻)》寛政6年(1794 )大東急記念文庫[展示期間:1/13~26]


    第2章は「西洋版画との出会い」。寬政年間 (1789-1801)未頃、田善は江戸に上り、主君の定信から銅版画の技術を習得するように命じられます。

    当時の江戸では洋風画の先駆者、司馬江漢がすでに腐食銅版画を制作していました。

    田善は定信が所持していた『トルコの馬飾り・諸国馬図』を模写するなど、舶戴の銅版画から西洋画法を学んでいきました。


    千葉市美術館「没後200年 亜欧堂田善 江戸の洋風画家・創造の軌跡」会場より ヨハン・エリアス・リーディンガー(原画・刻)、マルティン・エリアス・リーディンガー、ヨハン・ゴットフリード・ゾイター(刻)《『トルコの馬飾り・諸国馬図』プロシア馬/トルコ馬》1752年 早稲田大学図書館[展示期間中頁替]
    ヨハン・エリアス・リーディンガー(原画・刻)、マルティン・エリアス・リーディンガー、ヨハン・ゴットフリード・ゾイター(刻)《『トルコの馬飾り・諸国馬図』プロシア馬/トルコ馬》1752年 早稲田大学図書館[展示期間中頁替]


    第3章は「新たな表現を求めて ─ 洋風画の諸相」。田善は肉筆の洋風画も残していますが、いつ何のために描かれたのか、よくわかっていません。

    隅田川沿いの名所のほか、江ノ島と七里ヶ浜周辺の風景など、日本の風景を西洋由来の油彩で繰り返し描いています。


    千葉市美術館「没後200年 亜欧堂田善 江戸の洋風画家・創造の軌跡」会場より 亜欧堂田善《七里ヶ浜遠望図》寛政年間(1789~1801)後期~享和年間(1801~04)頃 個人蔵(須賀川市立博物館寄託)[全期間展示]
    亜欧堂田善《七里ヶ浜遠望図》寛政年間(1789~1801)後期~享和年間(1801~04)頃 個人蔵(須賀川市立博物館寄託)[全期間展示]


    第4章「銅版画総覧」には、田善の真骨頂といえる銅版画がずらりと並びます。

    田善は西洋の銅版画から直に学ぶとともに、定信に仕えた蘭学者・森島中良らの助けも得て研鑽を積み、その技術を磨いていきました。

    円熟期に入ると大きな仕事に相次いで抜擢されます。ひとつは、日本初の銅版画による解剖図譜『医範提綱内象銅版図』、そして幕府が初めて公刊した世界地図《新訂万国全図》です。その完成度は、定信からも高く評価されました。


    千葉市美術館「没後200年 亜欧堂田善 江戸の洋風画家・創造の軌跡」会場より 亜欧堂田善・新井令恭(画)、宇田川玄真(著)『医範提綱内象銅版図』文化5年(1808)3月跋 杜若文庫[全期間展示]
    亜欧堂田善・新井令恭(画)、宇田川玄真(著)『医範提綱内象銅版図』文化5年(1808)3月跋 杜若文庫[全期間展示]

    千葉市美術館「没後200年 亜欧堂田善 江戸の洋風画家・創造の軌跡」会場より 亜欧堂田善《新訂万国全図》文化7年(1810)※刊行は文化13年(1816)頃 福島県立美術館[全期間展示]
    亜欧堂田善《新訂万国全図》文化7年(1810)※刊行は文化13年(1816)頃 福島県立美術館[全期間展示]


    第5章は「田善の横顔 ─ 山水と人物」。田善は画業の末期に、故郷・須賀川で肉筆画を描いています。故事人物や福神などの吉祥画などで、田善が69歳から75歳の間に作画が集中しています。

    山水画、人物画いずれも、田善が以前師事していた画僧・月僊からの影響が見られます。


    千葉市美術館「没後200年 亜欧堂田善 江戸の洋風画家・創造の軌跡」会場より 亜欧堂田善(画)石井雨考(賛)《舟中弄笛図》文政2年(1819)4月 個人蔵[全期間展示]
    亜欧堂田善(画)石井雨考(賛)《舟中弄笛図》文政2年(1819)4月 個人蔵[全期間展示]


    第6章は「田善インパクト」。独自の世界を築いた田善の洋風画は、弟子の安田田騏、遠藤田一、遠藤香村らに引き継がれました。

    周辺の画人以外でも、浮世絵師の歌川国芳や、銅版画家の安田雷洲などが田善の作品を参照した例が見出せます。


    千葉市美術館「没後200年 亜欧堂田善 江戸の洋風画家・創造の軌跡」会場より 安田田騏《異国風景図》文化年間(1804~18)~文政10年(1827)頃 歸空庵[全期間展示]
    安田田騏《異国風景図》文化年間(1804~18)~文政10年(1827)頃 歸空庵[全期間展示]


    最後の第7章は「田善再発見」。明治9年、明治天皇が東北を巡幸した際に、須賀川の御在所を田善の《水辺牽馬之図》が飾り、これが買上となったことで、田善の評価はゆるぎないものになりました。

    江戸後期の洋風画家のなかで、銅版画の代表的な作品がまとまったかたちで現存しているのは、田善が唯一です。その作品は故郷・須賀川で、今日まで大切に伝えられています。


    千葉市美術館「没後200年 亜欧堂田善 江戸の洋風画家・創造の軌跡」会場より 渡辺光徳《亜欧堂田善之像》昭和6年(1931)須賀川市立博物館[全期間展示]
    渡辺光徳《亜欧堂田善之像》昭和6年(1931)須賀川市立博物館[全期間展示]


    司馬江漢が洋風画家の先駆者なら、亜欧堂田善は大成者。その魅力をたっぶり味わえる、首都圏では実に17年ぶりとなる回顧展です。

    最後にトリビア的な話題をひとつ。須賀川の出身といえば特撮監督の円谷英二が有名ですが、亜欧堂田善は円谷の母方の祖先にあたるといわれています。田善が持つ開明の資質は、特撮の神様に受け継がれていたのかもしれません。

    ※会期中大幅な展示替えが行われます。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2023年1月12日 ]

    亜欧堂田善《源頼義水請之図》宝暦12年(1762)白山寺[全期間展示]
    亜欧堂田善《イスパニア女帝コロンブス引見の図》文化年間(1804~18)頃歸空庵[全期間展示]
    重要文化財 亜欧堂田善《銅版画東都名所図》(二十五図)文化元~6年(1804~09)頃須賀川市立博物館[全期間展示 ※半数ずつ展示替え]
    重要文化財 亜欧堂田善《新吉原夜俄之図》文化元~6年(1804~09)頃広島県立歴史博物館(菅茶山関係資料)[展示期間:1/13~2/5]
    会場
    千葉市美術館
    会期
    2023年1月13日(金)〜2月26日(日)
    開催中[あと19日]
    開館時間
    午前10時-午後6時 (入場は午後5時30分まで)
    金曜日・土曜日は午後8時まで
    休館日
    1月30日(月)、2月6日(月)
    住所
    〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
    電話 043-221-2311
    料金
    一般1,200円(960円) 大学生700円(560円) 小・中学生、高校生無料

    ※( )内は前売券、および市内在住65歳以上の料金
    ※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料

    ◎本展チケットで5階常設展示室「千葉市美術館コレクション選」もご覧いただけます。
    ※割引の併用はできません
    展覧会詳細 没後200年 亜欧堂田善 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    横尾忠則現代美術館非常勤嘱託員(アーカイブ担当)募集 [横尾忠則現代美術館]
    兵庫県
    静嘉堂文庫美術館 学芸補助員募集 [静嘉堂文庫美術館【勤務地 静嘉堂(東京都世田谷区岡本 2-23-1) 静嘉堂@丸の内(東京都千代田区丸の内 2-1-1)】]
    東京都
    那珂川町馬頭広重美術館嘱託学芸員(会計年度任用職員)募集 [那珂川町馬頭広重美術館]
    栃木県
    岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 学芸課職員(宇宙分野)募集 [岐阜かかみがはら航空宇宙博物館]
    岐阜県
    岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 学芸課職員(教育普及分野)募集 [岐阜かかみがはら航空宇宙博物館]
    岐阜県
    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
    開催中[あと110日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
    開催中[あと61日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
    3
    出光美術館 | 東京都
    江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
    もうすぐ終了[あと5日]
    2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
    4
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    もうすぐ終了[あと12日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展 古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン
    開催まであと129日
    2023年6月16日(金)〜9月3日(日)