インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  「ふつうの系譜」京の絵画と敦賀コレクション

「ふつうの系譜」京の絵画と敦賀コレクション

■奇想は「ふつう」があるからこそ
【5/6(水・祝)まで臨時休館】伊藤若冲、曽我蕭白と、いまや日本美術といえば「奇想」が大流行。ただ、本来は奇想は傍流で、中心には別の軸があったはずです。誰もが美しいと思えた絵画、すなわち「ふつう」の絵画に着目した展覧会が、府中市美術館で開催中です。
江戸時代から近代にかけての絵画、300点以上を所蔵する敦賀市立博物館。本展は同館の作品を中心に、「ふつう」の美しい作品がなぜ美しいとされるのか、大きく2章で紐解いていきます。

会場入口から赤い通路を進むと、まずは「ふつう」の前に奇想の作品から。曽我蕭白の荒々しい筆致、薄気味悪い人物描写は、異様な個性が全面に出ています。

第1章は「ふつう画の絵画史」。江戸時代に完成された美を守る役割を担ったのが、やまと絵にルーツを持つ土佐派と、漢画から始まった狩野派です。

天皇や貴族による雅な世界を描いた、やまと絵。平安時代から続くやまと絵は、宮廷画家を務めた土佐派の十八番です、住吉派、板谷派に受け継がれました。

明るい色使いで、線も形も柔らかなやまと絵は、武家社会である江戸時代においても、憧れの世界として受け入れられました。

幕府の御用絵師として、長期にわたって君臨したのが狩野派です。中国由来の絵画のスタイルを、日本流にアレンジして広めました。

狩野派の絵画がすんなり受け入れられた背景には、同じく中国由来の儒教に基づく道徳が、すでに日本に定着していた事もあります。



江戸絵画の流れを変えたのが円山応挙です。写生を重んじた絵画は革命的でしたが、あっという間に広まり、近代の日本画に繋がっています。いわば「あたらしいふつう」といえます。

原在中をはじめとする原派は、パーフェクトな形が特徴。モチーフの形が完璧に整っており、全体のスッキリ感は異様なほど。逆に個性的にすら感じられます。

岸駒は19世紀の画家です。若冲や蕭白より後の時代ということもあり、応挙風の色調や、沈南蘋風の取り入れました。オーソドックスな「ふつう」ではないものの、奇想とまではいかない、微妙なポジションです。

「ふつう」を良しとしてきた画家にとって、明治の開国は不幸でした。進んだ文明として、迫真的な絵画が流入。細部の描き込みだけに汲々とした結果、全体のバランスが悪くなってしまいました。

何が「ふつう」か分かったところで、第2章は「ふつう画の楽しみ方」。どこを見れば良いと思えるか、ポイントを解説します。

まずは、その技術の正確さ。当たり前ですが、江戸時代にはコピー機もインクジェットプリンターもないので、絹の布に手描きで描いています。繊細な花鳥画も、雄大な風景画も、全て筆による表現。改めて目を凝らすと、そのテクニックには驚かされます。

ついで、色彩の表現について。日本画で使われる岩絵具は、鉱物を砕いたもの。水に溶けないので、膠に混ぜないと画面に定着しません。化学的に作られた現在の絵の具とは異なる制約の中で、工夫を凝らした色使いがみられます。

一方、黒一色で表現する水墨画にも別の魅力があります。色の濃淡以外に工夫できることはないにも関わらず、優れた作品では光や風、さらには喧騒や静寂など音まで、表す事ができるのです。

美にはルールがあり、定められた美に近づくのが優れた美術家というのは、ある意味、正論と言えます。「何よりも個性」を求め続けている現代のアートシーンとの比較という意味でも、とても興味深い展覧会でした。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年3月17日 ]

新版 奇想の系譜新版 奇想の系譜

辻 惟雄(著)

小学館
¥ 5,500

 
会場府中市美術館
開催期間2020年3月14日(土)~5月10日(日)
所在地 東京都府中市浅間町1-3
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/index.html
展覧会詳細へ 「ふつうの系譜」京の絵画と敦賀コレクション 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
渋谷区立松濤美術館「いっぴん、ベッピン、絶品!
浮世絵師たちの絵画
21_21
デザイナー達の原画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 神戸市立博物館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020 誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 しあわせのリカちゃん展
彩られた紙―料紙装飾の世界― 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 チェコ・デザイン 100年の旅
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社