インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  奇っ怪紳士!怪獣博士! 大伴昌司の大図解展

奇っ怪紳士!怪獣博士! 大伴昌司の大図解展

■子どもの「なぜ?」を図解で解説
【会期終了】 大伴昌司(おおともしょうじ)に肩書きをつけるのは難しいかもしれません。ウルトラ怪獣の体内構造を設定した怪獣博士、少年雑誌の巻頭グラビアや図解記事の企画・構成・レイアウト、ミステリ・SFのライター、テレビ脚本、映画評論…。希代のプランナー・ジャーナリストの仕事を、弥生美術館で振り返ります。
大伴昌司の本名は、四至本豊治(ししもと とよじ)。父は著名なジャーナリストの四至本八郎、母の四至本アイもジャーナリストですが、大伴はその出自を友人らにも明かしませんでした。

父の仕事の関係で幼少時はメキシコに滞在。早くから推理小説や怪奇小説に親しみ、映画好きであったことから、ミステリやSF雑誌のライターとして活躍。またテレビの構成・脚本も手掛けるなど、多彩なジャンルで才能を発揮しました


会場1階 「ウルトラシリーズ」の怪獣図解 ©円谷プロ

数々の顔を持つ大伴ですが、最も知られているのは“怪獣博士”でしょうか。展覧会冒頭で紹介されています。

戦闘機や戦車の構造が図解されたことはありますが、大伴は想像の産物であるウルトラ怪獣を図解し、なぜ火を噴けるのか、なぜ物を凍らせられるのかを体内の仕組みから解説しました。

子どもの「なぜ?」の気持ちに答えたこの企画は大ヒット。大伴が手がけた単行本「怪獣図鑑」は浩宮さま(現皇太子)が初めて自分で買った本としても話題になりました。


「ウルトラシリーズ」の怪獣図解 ©円谷プロ

2階の“大伴流大図解の世界”では、少年雑誌の図解特集・巻頭グラビア特集が紹介されています。

冷戦時代の当時、第三次世界大戦の懸念から囁かれていた地球終末予想の紹介や、情報社会到来を予期した企画。さらに横尾忠則をはじめとした現代アートを起用した特集、学童疎開などの過去を振り返る企画、オーディオなどのマニアック企画など、自らの趣味性も反映したさまざまな企画は、当時の読者に強烈な印象を与えました。


会場2階

最後の仕事となったのが、円谷英二の写真集です。1970年に円谷英二が死去した際、葬儀の際に大伴が発した不用意な一言がスポーツ紙に興味本位に取り上げられ、長男の円谷一氏が激怒。大伴は円谷プロに出入り禁止になってしまいます。

小学館の編集者が仲立ちとなり、和解の意味も込めてつくられたのがこの写真集です。大伴は編集・レイアウト・装丁に至るまでこの本の完成に情熱を注ぎますが、見本誌ができあがった直後に持病の喘息の発作で急逝。36歳の若さで英二のもとへと旅立ってしまいました。


最後の仕事となった円谷英二の写真集 ©円谷プロ

大伴の影響を受けた著名人は少なくありません。大伴を「クールジャパンの元祖」と評した村上隆さん、大伴に影響されて「キース・リチャーズ解剖図」を描いたみうらじゅんさんなど。

現在、東京都現代美術館では「館長 庵野秀明 特撮博物館」、埼玉県立近代美術館でも「ウルトラマン・アート!展」が開催されており、今年は怪獣・特撮ものの当たり年です。

この手のものは、筆者も含めて「元」男の子のハートをくすぐります。弥生美術館もいつもより男性の姿が多く見られるそうです。(取材:2012年7月11日)

怪獣博士! 大伴昌司 ─ 「大図解」画報

堀江 あき子 (著)

河出書房新社
¥ 1,890

 
会場弥生美術館
開催期間2012年7月6日(金)~9月30日(日)
所在地 東京都文京区弥生2-4-3
TEL : 03-3812-0012
HP : http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/
展覧会詳細へ 奇っ怪紳士!怪獣博士! 大伴昌司の大図解展 詳細情報
取材レポート
サントリー美術館「琉球 美の宝庫」
琉球 美の宝庫
東京都美術館「没後50年 藤田嗣治展」
藤田嗣治
三菱一号館美術館「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界」
「ショーメ」展
国立西洋美術館「ミケランジェロと理想の身体」
ミケランジェロ
国立新美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか」
ルーヴル 肖像芸術
東京国立博物館「特別展「縄文―1万年の美の鼓動」」
「縄文」展
神奈川県立歴史博物館「明治150年記念 真明解・明治美術」
真明解・明治美術
静嘉堂文庫美術館「─ 明治150年記念 ─ 明治からの贈り物」
明治からの贈り物
文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~
泉鏡花×人形
平塚市美術館「金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋」
深堀隆介
太田記念美術館「落合芳幾」
落合芳幾
国立歴史民俗博物館「企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」」
おみやげ博物誌
没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―
河井寬次郎展
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」
クレパス画展
出光美術館「「江戸名所図屏風」と都市の華やぎ」
都市の華やぎ
千葉市美術館「木版画の神様 平塚運一展」
平塚運一
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館
森ビル×チームラボ
「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアルオープン
岐阜かかみがはら
航空宇宙博物館
「川島小鳥写真展「つきのひかり あいのきざし」」
[エリアレポート]
「川島小鳥写真展」
「東京都美術館「没後50年 藤田嗣治展」」
[エリアレポート]
藤田嗣治
大阪歴史博物館 「明治維新150年NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」」
[エリアレポート]
西郷どん
「ポーラ美術館「ルドン ひらかれた夢 ―幻想の世紀末から現代へ」」
[エリアレポート]
ルドンひらかれた夢
「ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル 肖像芸術
「ヴァンジ彫刻庭園美術館「須田悦弘 ミテクレマチス」」
[エリアレポート]
須田悦弘
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。 ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか 生誕110年 田中一村展 フェルメール展
縄文―1万年の美の鼓動 「江戸名所図屏風」と都市の華やぎ 特別展 人形師 辻村寿三郎 プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018 スタート!!
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社