インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  アンディ・ウォーホル展:永遠の15分

アンディ・ウォーホル展:永遠の15分

■スーパースターの大回顧展
【会期終了】 マリリン・モンローのシルクスクリーン作品などで知られるポップ・アートの旗手、アンディ・ウォーホル。作品と資料あわせて約700点という、日本では過去最大級の回顧展が森美術館で開催中です。
20世紀後半を代表するアーティスト、アンディ・ウォーホル。2013年にも《シルバー・カー・クラッシュ》が、ウォーホルの作品としては最高額となる1億500万ドルで落札されるなど、没後四半世紀を超えた今でも高い注目を集めています。

展覧会では作品約400点、資料約300点で、初期から晩年まで総覧。広い森美術館が、まさにウォーホル一色に染まります。


Section_1 アンディ・ウォーホルのポートレイト:ウォーホルとは何者なのか?
赤い自画像は、他界する直前に制作された作品です


アンディ・ウォーホルのキャリアは、商業デザイナーから始まりました。大学を卒業後、ファッション誌のイラストや商品広告を手掛けて成功。著名なデザイン賞も受賞しています。

デザイナー時代のウォーホルは、ペンで描いたイメージに別の紙を押し当ててインクを転写させる「ブロッテド・ライン(しみつきの線)」という技法を得意としていました。

反復や転写を用いる手法は、アーティストに転身した後の制作スタイルに繋がっていくこととなります。


Section_2 1950年代:商業デザイナーとしての成功

50年代末から、ウォーホルは絵画を制作するようになります。

62年にキャンベル・スープ缶の連作を個展に発表し、実質的に画家としてデビュー。この個展が終了した直後にマリリン・モンローが死去します。ニュースを聞いたウォーホルは、映画「ナイアガラ」の宣伝用写真を使って多くの絵画や版画を制作。ウォーホルの代表作になるとともに、マリリン・モンローのイメージを永遠に残すことにもなりました。

窓に面した展示室では、インスタレーション状の作品も。銀の風船が室内に浮いている《銀の雲》は、1966年の展覧会で発表されたもので、ウォーホルはこの時期から絵画から離れ、数々の実験映画を制作しました。


Section_3 1960年代:「アーティスト」への転身

1968年にフェミニズム活動家に銃撃されたウォーホルは、一時は重体になりましたが、幸い回復。70年代初頭からは美術作品の制作も再開し、72年には《毛沢東》シリーズの制作をはじめます。

華々しい活躍の中で人脈を広げていたウォーホル。多くのセレブリティから肖像画の注文を受けました。

制作費は一律で決まっており、定価の一例で1m四方のパネル1点で25,000ドル。この価格は、当時のウォーホル作品を買うより安価だったといいます。


Section_5 1970-80年代Ⅰ:ビジネス・アートとセレブリティ

ものを捨てるのが苦手だったと言われているウォーホル。1974年頃から《タイム・カプセル》と称し、あらゆる所有品を段ボール箱に入れて保管するようになりました。

ウォーホルの日常の凝縮ともいえる《タイム・カプセル》は600箱以上もあり、浮世絵をはじめ、日本に関連する資料も数多く含まれています。

80年代に体調を崩したウォーホル。87年に胆嚢の手術を受けましたが、術後の合併症のため2月22日に死去。享年58歳でした。


Section_8 タイム・カプセル

香港、上海、北京と巡回し、東京が最終会場となる本展。展覧会タイトルの「永遠の15分」は、「将来、誰でも15分は世界的な有名人になれるだろう」というウォーホルの言葉に由来します。

TVモニターを担いだTDKビデオテープのコマーシャル(1983年)を覚えている世代も、教科書で見た若い世代も。アートでアメリカン・ドリームを実現したスーパースターの歩みを、お楽しみください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年1月31日 ]

アンディ・ウォーホル展:永遠の15分

森美術館 (監修), 美術出版社デザインセンター (編集)

美術出版社
¥ 2,800(税別)

料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場森美術館
開催期間2014年2月1日(土)~5月6日(火・休)
所在地 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.mori.art.museum
展覧会詳細へ アンディ・ウォーホル展:永遠の15分 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社