インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  アンディ・ウォーホル展:永遠の15分

アンディ・ウォーホル展:永遠の15分

■スーパースターの大回顧展
【会期終了】 マリリン・モンローのシルクスクリーン作品などで知られるポップ・アートの旗手、アンディ・ウォーホル。作品と資料あわせて約700点という、日本では過去最大級の回顧展が森美術館で開催中です。
20世紀後半を代表するアーティスト、アンディ・ウォーホル。2013年にも《シルバー・カー・クラッシュ》が、ウォーホルの作品としては最高額となる1億500万ドルで落札されるなど、没後四半世紀を超えた今でも高い注目を集めています。

展覧会では作品約400点、資料約300点で、初期から晩年まで総覧。広い森美術館が、まさにウォーホル一色に染まります。


Section_1 アンディ・ウォーホルのポートレイト:ウォーホルとは何者なのか?
赤い自画像は、他界する直前に制作された作品です


アンディ・ウォーホルのキャリアは、商業デザイナーから始まりました。大学を卒業後、ファッション誌のイラストや商品広告を手掛けて成功。著名なデザイン賞も受賞しています。

デザイナー時代のウォーホルは、ペンで描いたイメージに別の紙を押し当ててインクを転写させる「ブロッテド・ライン(しみつきの線)」という技法を得意としていました。

反復や転写を用いる手法は、アーティストに転身した後の制作スタイルに繋がっていくこととなります。


Section_2 1950年代:商業デザイナーとしての成功

50年代末から、ウォーホルは絵画を制作するようになります。

62年にキャンベル・スープ缶の連作を個展に発表し、実質的に画家としてデビュー。この個展が終了した直後にマリリン・モンローが死去します。ニュースを聞いたウォーホルは、映画「ナイアガラ」の宣伝用写真を使って多くの絵画や版画を制作。ウォーホルの代表作になるとともに、マリリン・モンローのイメージを永遠に残すことにもなりました。

窓に面した展示室では、インスタレーション状の作品も。銀の風船が室内に浮いている《銀の雲》は、1966年の展覧会で発表されたもので、ウォーホルはこの時期から絵画から離れ、数々の実験映画を制作しました。


Section_3 1960年代:「アーティスト」への転身

1968年にフェミニズム活動家に銃撃されたウォーホルは、一時は重体になりましたが、幸い回復。70年代初頭からは美術作品の制作も再開し、72年には《毛沢東》シリーズの制作をはじめます。

華々しい活躍の中で人脈を広げていたウォーホル。多くのセレブリティから肖像画の注文を受けました。

制作費は一律で決まっており、定価の一例で1m四方のパネル1点で25,000ドル。この価格は、当時のウォーホル作品を買うより安価だったといいます。


Section_5 1970-80年代Ⅰ:ビジネス・アートとセレブリティ

ものを捨てるのが苦手だったと言われているウォーホル。1974年頃から《タイム・カプセル》と称し、あらゆる所有品を段ボール箱に入れて保管するようになりました。

ウォーホルの日常の凝縮ともいえる《タイム・カプセル》は600箱以上もあり、浮世絵をはじめ、日本に関連する資料も数多く含まれています。

80年代に体調を崩したウォーホル。87年に胆嚢の手術を受けましたが、術後の合併症のため2月22日に死去。享年58歳でした。


Section_8 タイム・カプセル

香港、上海、北京と巡回し、東京が最終会場となる本展。展覧会タイトルの「永遠の15分」は、「将来、誰でも15分は世界的な有名人になれるだろう」というウォーホルの言葉に由来します。

TVモニターを担いだTDKビデオテープのコマーシャル(1983年)を覚えている世代も、教科書で見た若い世代も。アートでアメリカン・ドリームを実現したスーパースターの歩みを、お楽しみください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年1月31日 ]

アンディ・ウォーホル展:永遠の15分

森美術館 (監修), 美術出版社デザインセンター (編集)

美術出版社
¥ 2,800(税別)

料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場森美術館
開催期間2014年2月1日(土)~5月6日(火・休)
所在地 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.mori.art.museum
展覧会詳細へ アンディ・ウォーホル展:永遠の15分 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
カラヴァッジョ展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社